言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

四字熟語

「融通無碍」の意味と使い方・例文・類義語・対義語まとめ

投稿日:2018年2月3日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「融通無碍」(読み方:「ゆうずうむげ」)という言葉は、「融通無碍な発想」「融通無碍な考え」などの形でよく用いられています。

とはいえ、日常的に頻繁に用いられるような耳慣れた言葉ではなく、具体的にどのようなことを表しているのか、また他に似た意味、反対の意味のある語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「融通無碍」の意味と使い方、また類義語・対義語にあたる言葉について説明していきます。

 

「融通無碍」の意味と使い方・例文・類義語・対義語

それでは、以下に「融通無碍」の意味と使い方、また類義語・対義語との違いを説明します。

 

意味

まず、「融通無碍」には以下のような意味があります。

考え方や行動が何物にも束縛されず、どのような事態にも自由自在に対応できること。

出典:明鏡国語辞典「融通無碍」

つまり、「考え方や行動がどんなことにも束縛されることがなく、あらゆることに自由に対応できること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「融通無碍」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「人生の紆余曲折を経て、他人の目や常識にとらわれない融通無碍の境地に達する」
  • 「彼の常識を顧みない融通無碍なやり方は非常に痛快だ」
  • 「彼の融通無碍な発想からその人気商品は生み出された」
  • 「難題と思われるようなことでも、彼は融通無碍の考え方でいつもうまく乗り切っている」

 

類義語・対義語

次に、「融通無碍」の類義語・対義語について見ていきます。

この言葉と似た意味、反対の意味のある語には以下のようなものがあります。

 

自由自在(じゆうじざい)

まず、類義語となる「自由自在」には以下の意味があります。

どのようにでも思うままにすること。

出典:明鏡国語辞典「自由自在」

つまり、「すべてのことを心に思うように、自分の思うやり方で何かを行うこと」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「動画編集や楽曲制作も自由自在にこなせる高性能のノートパソコンを購入する」
  • 「もともとは得意ではなかったが、留学して集中的に英語を勉強し、今では自由自在に話すことができるようになった」

 

杓子定規(しゃくしじょうぎ)

次に、「融通無碍」の対義語にあたる「杓子定規」には以下の意味があります。

いつも一つの基準や規則にとらわれて、応用・融通が利かないこと。

出典:明鏡国語辞典「杓子定規」

つまり、「一つの決まりにこだわって応用や融通が利かないこと」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「規則なのは仕方がないが、どんな例外も認めない杓子定規過ぎる対応はいかがなものかと思う」
  • 「あの先生は杓子定規だから、一旦提出期限を過ぎてしまったら大抵のことでは受け付けられないだろう」

【参考記事】:「杓子定規」の意味と使い方・例文・対義語・類義語まとめ

 

まとめ

以上、「融通無碍」の意味と使い方、類義語・対義語についてまとめました。

この言葉は「考え方や生き方が何物にも縛られず自由なこと」、つまり何かにこだわることなく物事に滞りなく自由に対応できることを表し、「融通無碍な考え」「融通無碍な対応」などの形で用いられています。

また似た意味の語として「自由自在」がありますが、この場合には「すべてのことを自分の思うように何かを行うこと」、つまりあらゆることを自分の思うとおりに行えることを表します。

これらの語は自由に何かをすることについていっていてもニュアンスが異なるため、その場面に応じて両者を使い分けることができます。

-四字熟語

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.