言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

海外・国内旅行

Visaゴールドカード空港宅配の利用方法と実際に使ってみた感想

投稿日:2018年8月8日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です>

先日イギリスへ旅行に行った際に、成田空港まで距離があるので出国日よりも少し早めに自宅を出る予定だったこともあり、スーツケースを自分で空港まで持って移動するのではなくあらかじめ空港に配送することにしました。

空港宅配サービスはいくつかあり、どれを利用するかで悩みましたが、Visaゴールドカードの優待特典を使うと割引料金で利用できるということだったので、この特典を使ってJAL ABCの宅配サービスを往路・復路で利用してみました。

そこで、ここではVisaゴールドカード空港宅配サービスを利用する時の流れと実際に使ってみた感想をまとめてみたいと思います。

 

Visaゴールドカード空港宅配の利用方法と使ってみた感想

それでは、以下にVisaゴールドカード空港宅配を使う流れと使ってみた感想をまとめます。

 

Visaゴールド空港宅配とは

まず、Visaゴールドカード空港宅配が何かを簡単に説明すると、Visaゴールドカードを持っている人が国際線で旅行をする際に優待料金でJAL ABCの空港宅配サービスを利用できるというものです。

このサービスを利用した場合、往路は通常利用時の料金から15%オフ、復路は500円(ただし荷物は一つのみ。2つ目以降の荷物には15%オフが適用される)という金額になります。

ただし8月~9月はプロモーション期間として、復路1つ目は100円になっているようです。

通常JAL ABCの空港宅配を利用すると、片道で2,000円強、往復で利用した場合には4,000円以上の料金が掛かることになり、それだけでもそこそこの出費になってしまいます。

そう考えると、復路だけでも500円でスーツケース一つ送れてしまうというのはかなりお得です。

送る荷物はあらかじめ決められたサイズや重さの範囲内であることが条件ですが、重量30kgまでということなのである程度大容量のスーツケースでも送ることができます。

またこの優待特典が利用できるクレジットカードは三井住友や楽天カードなどいくつかありますが、私が使ったクレジットカードは「エポスカード」です。

エポスカードはこの空港宅配以外にも、海外旅行保険が無料で付帯される、空港のラウンジが無料で利用できるなど、海外旅行に関するお得な特典がありおすすめです。

Visaゴールド空港宅配|Visa

 

往路で利用する時の流れ

では空港宅配サービスを実際に使う流れですが、まず往路はあらかじめWebもしくは電話で申し込みが必要です。

私はWebから申し込みをしましたが、その際に優待特典が使えるクレジットカードかどうか、確認のために最初にカード番号を一部入力します。

その後JAL ABCの画面に遷移するので、そこに氏名や住所、集荷日時や宅配業者などの必要な情報を入力もしくは選択して、Visaゴールドカードで決済をします。

画面上では往復で申し込みすることもできるようになっていますが、優待特典を受けるには、復路は空港のJAL ABCカウンターに直接行って申し込みをする必要があるので、Webからは往路のみを申し込みます。

後は、申込み時に指定した集荷の日になったら荷物を配送業者に渡して伝票の控えを受け取ります。

そして、出国日に空港のJAL ABCカウンターに行き、伝票を提示して荷物を引き取ります。

今回初めての利用でしたが、そこまで特に何の問題もなく、スムーズに荷物の受け取りまで進めることができました。

メモ

ただ、受付完了時に配信される自動通知メールに通常料金(2,590円)が記載されており、見たところ申し込み画面でもVisaゴールドカード空港宅配の優待が適用されるかどうかということには触れられていないようだったので多少不安がありましたが、後でクレジットカードの明細を見ると割引が反映された金額になっていました。

 

復路で利用する時の流れ

次に復路ですが、復路での利用については事前に申し込みが必要なく、帰国したら直接空港にあるJAL ABCのカウンターに行って手続きをします。

その際には、まずカウンターでクレジットカードを提示して、Visaゴールドカードの優待特典を利用したい旨を申し出ます。

また、特典を受けるにはクレジットカードの提示だけではなく、海外でクレジットカードを利用したレシートを提示する必要があるので、すぐに出せるようにしておくと良いです。

私は何枚かエポスカードで支払った分のレシートを持っていましたが、そのうち一枚を提示するだけでOKでした。

そして、配送伝票に記入をして料金の支払いをします。

料金が500円ということで、私はつい現金で支払おうとしてしまいましたが、料金はVisaゴールドカードで決済をする必要があります。

 

感想

私は過去に海外旅行に何度か行っていますが、今までは空港まで自分でスーツケースを引いて行っていました。

今回はいくつか事情が重なってスーツケースを持参して空港まで行くのは難しかったため初めて宅配を利用しましたが、スーツケースを持たずに身軽な状態で移動できるので助かりました。

往路はWebでの申し込みが必要ですが、住所などの入力が多少手間な程度で特に難しいものではないですし、申し込み後は希望した集荷日時に配送業者が引き取りに来てくれてスムーズに手配が進みました。

復路は空港でそのままカウンターで手続きをするのでより簡単ですし、大きな荷物がなく帰宅できるということで心身ともに負担が軽くなりました。

今回の私のように、遠方でいくつもの交通機関を乗り継いで空港まで向かうなどの理由がなくても、海外旅行ともなると荷物がかさみがちですし、車であれば別かもしれませんが、大きなスーツケースをひいて電車やバスを乗り継いで空港まで行く(帰宅する)のはそれなりに体力を使います。

たとえば出国日に直接空港に向かう時に時間にあまり余裕がないという時に大きな荷物と一緒に移動するのは大変ですし、帰国時に長時間のフライトの後で大きなスーツケースを引いて家まで帰るのは面倒ですので、そんな時にも宅配サービスが重宝すると思いました。

海外旅行はしょっちゅう行く訳ではないので普段こうしたクレジットカードの特典をあまり意識せずに使っていますが、今回は空港宅配の優待、また空港のラウンジも無料で利用して時間つぶしができたため、ゴールドカードの便利さを実感しました。

こうした特典で長距離の旅行時にかかる負担を軽減できるので、海外旅行を予定している場合にはVisaゴールドカードを一枚持っておくと便利かと思います。

 

まとめ

以上、Visaゴールドカード空港宅配を利用する流れと実際に使ってみた感想をまとめました。

Visaゴールドカードを持っている人が海外旅行に行く時には、この空港宅配を利用すると優待料金で荷物を空港もしくは自宅まで配送してもらうことができます。

往路は事前にWebなどで申し込みが必要ですが、復路は帰国した時に空港のカウンターで直接手続きをしてスーツケースを渡すだけなので簡単です。

海外旅行に行く時に大きくて重たいスーツケースを空港まで持って移動する、もしくは空港から自宅まで持って帰るのが面倒、負担だという場合には便利なので、旅行の予定がある人は試してみると良いかと思います。

関連コンテンツ

-海外・国内旅行

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.