言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

四字熟語

「猪突猛進」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

投稿日:2017年9月5日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「猪突猛進」は、たとえば就職・転職活動の面接において長所・短所を述べる際に活用されるなど、しばしば人の性格を表す語として用いられます。

といっても、この言葉は人のどのような性質を表すことができるのか、また良い意味を表すのかどうかなど、曖昧なところもあるかもしれません。

そこで、ここでは基本的な意味と使い方の説明と、近い意味のある他の四字熟語を紹介していきます。

 

 

「猪突猛進」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「猪突猛進」の意味と使い方を説明していきます。

 

意味

まず、「猪突猛進」は「向こう見ずに猛然と突き進むこと」という意味があり、「猪のように激しい勢いで前後を顧みずに物事をすること」を表す語となっています。

ちなみに、「猪突猛進」の「猪突」には「猪のように向こう見ずにまっすぐ進むこと、がむしゃらに突き進むこと」、「猛進」は「激しい勢いで進むこと」という意味があります。

 

ただし、「前後を顧みず(後先を考えず)に物事を行う」ということは「思いつきで軽率な行動をとる」とも言い換えることができ、基本的に良い意味で用いる語ではありません。

もしこの言葉を性格を表す言葉として用いる場合には、「がむしゃらに突き進む」という意味から「行動力・実行力がある」「目的意識がある」「裏表がない」といった性質をアピールして「向こう見ず」だという印象を強調しないようにすると良いといえます。

 

使い方・例文

では次に、この言葉の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼は何でも猪突猛進するため失敗も多いが、行動に移すのが早く実行力がある」
  • 「彼は猪突猛進型で常に考えるよりも行動が先だ」
  • 「彼は猪突猛進するところがあるが、若いうちはそれぐらいがむしゃらなところがあるほうが良いのかもしれない」
  • 「彼は猪突猛進型で無謀なところがあるが、行動力はあるため何でも体得するのが早い」

 

類義語

ここからは、この言葉の類義語について見ていきます。

「猪突猛進」と近い意味のある語としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 「勇往邁進」(ゆうおうまいしん):目的・目標に向かって勇ましく、脇目も振らず前進すること
  • 「直往邁進」(ちょくおうまいしん):恐れずに真っ直ぐに進むこと
  • 「直情径行」(ちょくじょうけいこう):他人や感情や周囲の事情などを考えずに、思った通りに行動すること

これらの語は「猪突猛進」とはニュアンスが異なりますが、それぞれ「目的に向かって一心不乱に前進すること」「真っ直ぐに進むこと」「自分の思った通りに行動すること」を表し、性格を表す言葉として用いる場合には、たとえば「行動力や目的意識」があることや「率直・正直」な性質であることを示すことができます。

 

まとめ

以上、「猪突猛進」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、「猪のように激しい勢いで突き進むこと」を意味し、前後を顧みずに物事を行うことを表します。

ただし、「前後を顧みない行動」は仕事の場面において良い振る舞いとはいえないため、就職・転職活動において長所・短所を述べる場合に用いる場合には注意が必要です。

もしくは、他にも似た意味のある言葉があるため、状況に応じてそれらの語と使い分けるようにすると良いかもしれません。

-四字熟語

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.