言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

海外・国内旅行

海外旅行にレンタルWi-Fiは必要?常時接続できるネット回線なしで渡航した体験談

投稿日:2018年8月4日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です>

これから一人旅で海外旅行を予定している人の中には、現地で使うネット回線としてモバイルWi-Fiルーターをレンタルして持参しようと考えている人もいるかと思います。

とはいえ、空港など場所によってはフリーのWi-Fiを使用できる場合もあり、あえてモバイルWi-Fiルーターが必要かどうか迷っている人もいるかもしれません。

そこでここでは、私がロンドンでの一人旅で現地のフリーWi-Fiのみを使って過ごした時の経験から、旅先でのインターネットの使い方やロンドンについてまとめてみたいと思います。

 

常時接続できる回線なしに海外に渡航した体験談

それでは、以下に私の実際の体験をもとに、ロンドンでのフリーWi-Fiを用いたインターネットの使い方や観光地で迷った時の解決方法を説明していきます。

 

現地で常時接続できるネット回線がなかった理由

最初に、今回私がなぜフリーWi-Fiだけを使ってロンドンを旅行することになったかの経緯を説明します。

まず、今回行ったロンドンへの旅行は一人旅で、あらかじめ自分が行きたい場所をピックアップして訪れる予定の場所を決めていました。

ある程度、どこへどの順番でどの交通手段を使って行くかなどの計画は事前に立てていましたが、現地で地図アプリなども使いたかったですし、何かあった時のためにも常に携帯できるインターネット回線を用意するつもりでいました。

ただ、モバイルWi-Fiルーターのレンタルだと日数での契約となり使わない日でも料金が発生しますし複数人で共有して使うならば別ですが、一人ではコストパフォーマンスがあまり良いとはいえず、それならば現地のSIMカードを空港で購入し差し替えて使うのが一番良いという結論になりました。

プリペイドSIMであれば、インターネットだけでなく現地で使える無料通話も付いているし、パッケージの価格も20ポンドくらいからあり、Wi-Fiルーターをレンタルするよりも安い上に荷物も少なくて済みます。

なので、事前にヒースロー空港でプリペイドSIMのパッケージを販売している自販機がある場所を調べておき、日本では何も回線を用意しないままに渡航しました。

ところが、ヒースロー空港に到着後、予定通りに自販機を見つけてEEというキャリアのSIMカードを購入、ホテルに着いてからそれをSIMフリーのiPhoneに差し替えてカードが認識されたところまでは良かったのですが、そのカードでデータ通信を使うことはできませんでした。

これは、おそらくAPNの設定ができていないことが原因だったかと思われます。

端末の再起動など、いくつか対処と思えることを試してみましたが状況は変わらず、ホテルのWi-Fiを使って少し調べてみると、iPhoneのSIMカードを変更するには、カードを差し替えただけで自動でAPNの設定がされることなはく、どうやら現在使っているBIGLOBE SIMのプロファイルを一旦削除する必要があるようでした。

とはいえそれが原因かも自分の中で曖昧でしたし、あまりよく分かっていないままにBIGLOBEのプロファイルの削除をしたくはなかったので、パッケージ代金が無駄にはなってしまいますが、そこでSIMカード(データ通信)を使うことは諦めることにしました。

つまり、実際には最初から無料Wi-Fiだけを使おうと思って渡航したのではなく、想定外に海外で常時使えるネット回線がないという状況になってしまったということです。

同じような状況に陥る人がいるかは分かりませんが、iPhoneでMVNOのSIMカードを使っている人は、カードを差し替える時には注意しておくと良いかもしれません。

 

現地でのインターネットの使い方

かくして思いがけずに常時携帯できる回線なくロンドンを観光することになった私でしたが、がっくりとしながらも、意外と「それでも何とかなるだろう」と割り切れました。

というのも、ロンドンでの公共スペースでは、たいていの場所でWi-Fiを使うことができ、慌てなくても最初に簡単な登録作業をするだけでWi-Fiを使って最低限の調べものをすることはできたからです。

ホテルの中はもちろん、コーチやバスなどの移動中にもWi-Fiが利用できるので、ホテルにいる時や移動中に必要になりそうなことはまとめて調べて、そのスクリーンショットを保存するようにしました。

どういうことかというと、たとえばインターネットに繋がる時にサイトなどをリーディングリストに登録をしておいたとしても、回線が繋がっていないと後で表示することができません。

また、私は日本で調べ物をしたものをiCloudにいろいろと保存しておいたのですが、それらもインターネットに繋がっている時しか見ることができません。

そのため、Wi-Fiが使える時にGoogleマップで行き先を検索して最寄駅から現地を含めた周辺地図のスクリーンショットを撮りその画像を保存しておく、地下鉄などの路線検索をして使う経路のスクリーンショットを保存するなどして、必要な時にいつでも見れるようにしておきました。

スクリーンショットなどの画像であれば、オフラインでも表示することができます。

ただ、フリーWi-Fiはあまり使い過ぎると制限を超過して突然使えなくなることもありますので、場合によっては使い過ぎに注意しておく必要があります。

 

観光地で迷った時の解決方法

上記のように、フリーWi-Fiがない場所でも、iPhoneにスクリーンショットを保存しておくことで大まかに行き先の場所を知ることができました。

とはいえ、それだけで行きたいところに確実にたどり着けたかというと、必ずしもそうではありませんでした。

ただ、ロンドンの地下鉄の駅や改札付近、街中には分かりやすい路線図や周辺の地図があり、ところどころでそうしたものを確認して今いるところや目的地までの大まかな位置関係を確認することもできましたし、地図を眺めていると現地の人が声を掛けてくれて行き方を案内してくれたこともありました。

もちろん会話は英語なので、言われたことが完璧に聞き取れないことや、言いたいことが出てこないということも多かったですが、大まかに聞き取れればどの道をどっちの方向に進んで、最初の交差点を右に曲がって、などの肝心なところは何となくでも理解できます。

一度に言われたことをすべて理解しようとすると逆に慌ててしまいますが、断片だけでも理解できたらその通りに進んでみて、途中でまた分からなくなれば誰かに聞くということもできなくはありません。

なので、ものすごく困ることはなかったですし、特にトラブルもなく無事に予定通り帰国することができました。

 

まとめ

以上、私がロンドンでの一人旅にフリーWi-Fiだけを使って過ごした経験を元に、現地でのインターネットの使い方や観光地で迷った時の解決法をまとめました。

この旅行では、想定外に現地のSIMカードを使ったネット回線が使えない状態に陥ってしまいましたが、ホテルや交通機関などのフリーWi-Fiを使用できたことで、結果的にはこれといったトラブルもなく、行きたいと思っていた観光地にもある程度まわることができました。

とはいえ、やはりあった方が安心できますし、今回は大丈夫でしたが、何か突発的な出来事が起こった場合にもインターネットがあったほうが対応しやすくなりますので、用意したほうが無難ではあるかと思います。

関連コンテンツ

-海外・国内旅行

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.