言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPressプラグイン

簡単に記事のテンプレートを作成できるWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」

投稿日:2016年9月19日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

WordPressでブログを書く時に「毎回同じような構成で記事を書く」もしくは「繰り返し使用する定型文がある」という場合があるかと思います。

そうした場合に、私は以前別の記事をコピーペーストするというやり方をしていたことがあります。ただそれではあまり効率的とはいえませんし、しばらくすると面倒になって他によい方法はないかと思っていたところ「TinyMCE Templates」というプラグインがあるのを見つけました。

今回は、よく使う定型文がある場合などに便利なWordPressのプラグイン「TinyMCE Templates」について紹介したいと思います。

 

TinyMCE Templateの活用法

「TinyMCE Templates」は、投稿や固定ページで使うテンプレートを作成して投稿に簡単に挿入することができるプラグインです。

またテンプレートを作成して使うだけではなく、過去に投稿した記事をテンプレートとして活用することもできるため作業の効率化に役立てられるかと思います。

それでは、その「TinyMCE Templates」の使い方を以下にインストール方法から紹介していきます。

 

インストール方法

まず「TinyMCE Templates 」のインストール手順です。

WordPress管理画面左メニューの「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックします。

WordPressプラグインのインストール画面への遷移

 

下の画像のように「プラグインを追加」という画面が表示されたら、検索窓に「TinyMCE Templates」と入力して検索します。

WordPressプラグイン新規追加画面から「TinyMCE Templates 」を検索

検索結果に「TinyMCE Templates」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックしてプラグインをインストールします。

終わったら「有効化」をクリック、プラグインを有効化します。

 

テンプレートの作成手順

上記手順でインストールとプラグインの有効化が完了したら、以下の手順でテンプレートを作成していきます。

まずWordPress管理画面のメニューから「テンプレート」「新規追加」をクリックします。

 

WordPress管理画面から「TinyMCE Templates」の新規作成画面を表示する操作

次に以下の画面が表示されます。新規投稿の追加と同じような画面です。

TinyMCE Templates を使って新規テンプレートを作成する場合の画面

この画面にテンプレートの「タイトル」と本文を入力(またはコピーペースト)していきます。

入力が終わったら「公開」をクリックします。

「公開」ボタンをクリックするとテンプレートが登録されるので、新規投稿の追加画面に挿入して使用することができます。

 

過去の記事をテンプレートとして使用したい場合

テンプレートを作成する時に、すでに公開済みの記事を活用することも可能です。

その場合には、投稿画面「公開」のところにある「新規テンプレートにコピー」というリンク部分をクリックします。

すでに作成した記事をTinyMCE Templatesのテンプレートに登録する場合の操作

そうすると「テンプレートの新規作成」画面に遷移します。テンプレートの内容を必要に応じて編集し「公開」ボタンをクリックします。

 

投稿にテンプレートを挿入する操作手順

新規投稿にテンプレートを挿入するには、以下のように操作を行います。

まず管理画面メニューの「投稿」⇒「新規投稿を追加」をクリック。

「新規投稿の追加」画面に「テンプレートを挿入」というボタンが追加されていることを確認します。

TinyMCE Templates のテンプレートを投稿画面で挿入する手順

このボタンをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

TinyMCE Templates のテンプレートを投稿画面に挿入する時の画面

プルダウンメニューから挿入したいテンプレートを選択し、右下の「テンプレートを挿入」というボタンをクリックします。

そうすると新規投稿画面に戻り、以下のようにテンプレートが挿入された状態になります。

TinyMCE Templates で作成したテンプレートを投稿に挿入した後の画面

この後は通常の投稿と同じように内容を編集して記事を作成することが可能です。

 

まとめ

効率よくブログの更新をしていきたいと思った時には、こうしたプラグインを活用すると便利です。使いやすいテンプレートがあるかないかで、記事作成にかかる手間や時間が違ってきますので、定型文などを頻繁に使う場合には「TinyMCE Templates」を活用してみることをおすすめします。

-WordPressプラグイン

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.