言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPress

WordPressの予約投稿が時間通りに公開されない時の対処法

投稿日:2018年11月14日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

最近WordPressで予約投稿をしていて、設定したはずの時間が過ぎても記事が公開されないことが何度かありました。

最初はおかしいと思いながらも原因が思い当たらずに手動で時間をずらしてみて公開することもありましたが、WordPressのタイムゾーン設定が原因だったと分かりました。

そこで、ここではその対処法としてWordPressのタイムゾーン設定についてまとめたいと思います。

 

予約投稿が時間通りに公開されない時の対処法

それでは、以下にWordPressで予約投稿をしたのにその時間を過ぎても公開されない時に確認したい「タイムゾーン」設定について説明します。

 

タイムゾーンが正しく設定されていないと投稿時間がずれる理由

まず、WordPressのタイムゾーン設定が原因で投稿時間がずれてしまう理由について説明します。

今回私は「予約投稿をしてもその時間に公開されない」という現象に遭遇しましたが、それは「WordPress上のタイムゾーンの設定が合っていない」ことが原因でした。

どういうことかというと、

WordPressで投稿をする時の日時というのは必ず今いる場所の時間が反映される訳ではなく、「タイムゾーン」という項目で設定されている場所が基準になっており、今回その設定が正しくされていなかったため思った通りの時刻に記事が公開されなかった

ということです。

もっと具体的にいうと、たとえば記事を11月1日の朝8時に投稿したいと思い、その日時で予約投稿をしたとします。

この場合の「11月1日 朝8時」というのは、日本で記事を作成して国内の人を対象に公開するのであれば、通常日本時間の「11月1日 朝8時」を指します。

ですが、タイムゾーンの設定が「UTC」になっていると、協定世界時つまり世界標準時でいう「11月1日 朝8時」という設定になってしまい、実際に投稿したい日本のその時刻とは9時間のずれが生じてしまうのです。

なので、もし今回の私のように「WordPressで予約投稿をしたはずなのに、その時間を過ぎても記事が公開されない」と不思議に思っている人がいたら、WordPressのタイムゾーン設定が「UTC」になっていることが原因だと考えられます。

 

タイムゾーン設定の変更手順

では次に、タイムゾーンの設定が「UTC」になっているかどうかの確認と、「UTC」になっている場合に設定を適切なものに変更する手順を説明します。

まずはWordPress管理画面「設定」⇒「一般」をクリックします。

そして「一般」の画面が表示されたら、少し下にスクロールして「タイムゾーン」という項目を表示します。

もしタイムゾーンが以下のように表示されていたら、UTC(協定世界時)に設定されているので、上記で説明したように日本の時刻よりも9時間遅れている時間が適用されています。

これを日本の時刻に変更するには、プルダウンメニューから「東京」を選択します。

もしくは、以下のように「UTC+9」を選択した場合も、「協定世界時+9時間」で東京を選択するのと同じことになります。 

ですので、「東京」もしくは「UTC+9」のどちらかを選択して画面一番下の「変更を保存」をクリックします。

「東京」を選択して変更をした場合には、以下のような状態になります。現地時間として書かれている日時が実際と同じになっていれば設定完了です。

 

まとめ

以上、WordPressで予約投稿が設定した日時に公開されない時の対処法として、タイムゾーンの設定を変更する手順を説明しました。

WordPressのタイムゾーン設定が「UTC」になっていると、協定世界時の日時が反映されるため日本の時刻とはずれが生じ、予約投稿したはずなのにその時間になっても記事が投稿されていないという現象が起こります。

もし上記のようなおかしな状態になってしまったら、管理画面でタイムゾーンの設定を確認してみて、「東京」などの適用したい場所に設定し直すと簡単に改善することが可能です。

タイムゾーン設定は意外と忘れていて正しく設定されていないこともあるので、日時がおかしいと思ったら確認してみることをおすすめします。

-WordPress

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.