言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「佇まい」の意味と使い方・例文・「雰囲気」「居住まい」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「佇まい」(読み方:「たたずまい」)という言葉は、「~な佇まい」「~とした」などの形でよく用いられています。

人や建物などが立っている様子についていう場合に用いられる語ですが、たとえば「雰囲気」「居住まい」といった近い意味のある語とは具体的にどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「佇まい」の意味と使い方、また「雰囲気」「居住まい」との違いを説明していきます。

 

「佇まい」の意味と使い方・例文・「雰囲気」「居住まい」との違い

それでは、以下に「佇まい」の意味と使い方、また「雰囲気」「居住まい」との違いを説明します。

 

意味

まず、「佇まい」には以下のような意味があります。

  1. 立っている様子。そこにあるものの様子。ありさま。
  2. 人の生き方、暮し方。また、生業。たたずみ。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「佇まい」

つまり、「(人や建物などが)立っている様子や姿、その場所にある物の様子」「人の生き方や暮らし向き、職業」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「佇まい」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「格式ある旧家の出というだけあって、彼は物静かで気品のある佇まいをしていた」
  • 「庭園の所々に植えられている松の木は、職人によってしっかりと手入れが施され堂々とした佇まいを見せていた」
  • 「その店に行くのは数年ぶりだったが、以前と変わらないその佇まいに懐かしさで一杯になった」
  • 「その日の彼女はシンプルで上品なデザインのワンピースに身を包み、普段とは違う清楚な佇まいだった」

 

「雰囲気」「居住まい」との違い

次に、似た意味のある「雰囲気」「居住まい」との違いについて見ていきます。

まず、これらの語には以下の意味があります。

その場面またはそこにいる人たちの間にある一般的な気分・空気。周囲にある、或る感じ。ムード。アトモスフェア。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「雰囲気」②

すわっている姿勢。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「居住まい」

そして、これらの語と「佇まい」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「雰囲気」:「塞いだ気分を変えようと、インテリアを一新して部屋の雰囲気をがらりと変えることにした」(塞いだ気分を変えようと、インテリアを一新して部屋の印象をがらりとかえることにした)
  • 「居住まい」:「『実は折り入って相談があるんだけど』と、いつになく真剣な顔つきで言う彼に、思わず居住まいを正した」(「『実は折り入って相談があるんだけど』いつになく真剣な顔つきでそう言う彼に、思わずきちんとした姿勢で座り直した」)
  • 「佇まい」:「彼はパソコンが入るような大きめのビジネスバッグにネイビーのスーツを身に着け、いかにも営業マンといった佇まいをしていた」(彼はパソコンが入りそうな大きめのビジネスバッグにネイビーのスーツを身に着け、その立ち姿はいかにも営業マンといった様子だった)

つまり、「雰囲気」は「ある場所やそこにいる人たちが醸し出す空気や印象、気分」、「居住まい」は「座っている姿勢」、「佇まい」は「あるものがそこに立っている様子、ありさま、状態」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「佇まい」の意味と使い方、「雰囲気」「居住まい」との違いについてまとめました。

この言葉は、主に「立っている様子やそこにあるものの様子」を表し、建物などが立っている様子(外側から分かるその物の状態)、またそこにある物のありさまについて述べる場合に「~な佇まい」「~とした佇まい」といった形で用いられています。

また「雰囲気」「居住まい」といった語も近い意味がありますが、これらは「ある場所や人たちにある空気や気分」「座っている姿勢」をいいます。

たとえば、ある場所が作り出している空気やある人々が共有している気分について表す場合、また座っている姿勢を直したり逆に崩す場合に「居住まいを正す」「居住まいを崩す」といった形で用いられます。

それぞれ「(人や物が)立っている様子」「(場所や人にある)気分、空気」「(座っている)姿勢」といったように異なる使い方ができるため、場面によって適度に使い分けると良さそうです。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.