言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「黄昏」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「黄昏」(読み方:「たそがれ」)という言葉は、「黄昏時」「黄昏の空」などの形でよく用いられています。

情景の描写などに比較的頻繁に使われる言葉ではありますが、具体的にはどのようなことを表しているのか、また他に似た意味の語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「黄昏」の意味と使い方、また類義語にあたる言葉について説明していきます。

 

「黄昏」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「黄昏」の意味と使い方、また類義語について説明します。

 

意味

まず、「黄昏」には以下のような意味があります。

  1. 「たそがれどき」の略。
  2. 比喩的に、物事が終わりに近づき、衰えの見える頃。

出典:広辞苑「黄昏」

つまり、「黄昏時(夕方になって辺りが薄暗くなるころ)」を表す、もしくは「物事が終わりに近づいてその力が弱くなる時」を例えていう語となっています。

 

使い方・例文

次に、「黄昏」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「黄昏時の美しい景色を堪能できるテラスでゆっくりとした時間を過ごす」
  • 「人生の黄昏時を迎えて体力や気力が衰えるよりも前に、彼にはやり遂げたいことがあった」
  • 「黄昏時、西の空に残る夕焼けの赤に染まる海を前に、彼女はどこか物憂げな表情をしていた」
  • 「さてもう帰ろうかと店の外に出ると、街はもう黄昏れていた」

 

類義語

では次に、「黄昏」の類義語について見ていきます。

この言葉と似た意味のある言葉には、以下のようなものが挙げられます。

 

夕暮れ

まず、「夕暮れ」には以下の意味があります。

日の暮れる時。日ぐれ。たそがれどき。

出典:広辞苑「夕暮」

つまり、「太陽が沈む時」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「夕暮れ時になると、子供たちが帰ってきて家の中は一気に騒々しくなった」
  • 「夕暮れの街は、仕事帰りのOLや買い物に訪れた主婦たちで忙しない雰囲気だった」

 

晩年(ばんねん)

次に、「晩年」には以下の意味があります。

一生のおわりの時期。死に近い時期。年老いとき。晩歳。

出典:広辞苑「晩年」

つまり、「人生の終わりの時期」を表し、以下のように用います。

  • 「彼は無事に定年まで勤め上げ、晩年は郊外に移り住んで満ち足りた生活を送った」
  • 「彼は若い時には苦労のし通しだったが、紆余曲折を経て晩年になってから大きな成功を収めた」

 

まとめ

以上、「黄昏」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「(日が沈んで)夕方の薄暗い時」「物事が終わりに近づいている時」を表し、「黄昏時の空」「人生の黄昏時」といった形で用いられています。

また、それらと似た意味のある語には「夕暮れ」「晩年」があり、これらは「日が暮れる時」「人生の終わりの時期」を表します。

「夕暮」は、たとえば「夕暮の街」「夕暮れ時」といったように「黄昏」と同じような使い方ができますが、「黄昏」は薄暗さが切なさを連想させるからか、「黄昏れる」という動詞形で「物思いに耽る」という意味でも用いられることがあります。(ただしこの意味は本来の使い方ではありません)

また「晩年」は単純に人生の終わりの時期をいいますが、「黄昏れ」は物事の終わりが近づいてその力が衰える時のことをいい、微妙に表していることの主旨が異なります。

そのため、その場面に応じてどのようなニュアンスを強調したいかでうまく使い分けるようにすると良いかと思います。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.