言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

ブラウザの設定・拡張機能

Operaに「Tab Resize」を追加して使用する場合の手順

投稿日:2016年12月9日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

前回の記事でGoogle Chrome拡張機能「Tab Resize」の使い方について紹介しました。今回は、この拡張機能をOperaで使用する場合の手順について説明します。

 

ブラウザのタブを簡単な操作で並べ替えることができるChrome拡張機能「Tab Resize」の使い方

 

Tab ResizeをOperaに追加して使用する場合の流れ

「Tab Resize」は、ブラウザで表示しているタブをウィンドウにして簡単に並べ替えることができる拡張機能です。

 

Google Chromeを使用する場合にはChromeウェブストアから追加することができますが、Operaを使用している場合には「Operaアドオン」から追加して使用することができます。

 

(OperaにChromeの拡張機能が追加できる「Download Chrome Extension」がインストールされている場合は、Chromeウェブストアにある拡張機能をOperaでも追加することができますが、ChromeウェブストアのTab ResizeをインストールしてもOperaでは動作しません)

 

それでは、ここからOperaにTab Resizeを追加して使用する場合の手順を紹介していきます。

 

Operaへの追加手順

OperaにTab Resizeを追加するには、まず以下のページ(Operaアドオン)にアクセスします。
https://addons.opera.com/ja/extensions/details/tab-resize-split-screen-layouts/?display=en

 

すると以下の画面が表示されるので、「Operaに追加」をクリックします。

OperaアドオンからTab Resizeする時の画面

 

「インストールしています」と表示されます。

OperaアドオンでTab Resizeをインストールしている時の画面

 

すると、少しして「インストールしています」から「インストールされました」という表示に変わります。そして左上に「Tab Resize-split screen layoutsがOperaに追加されました」とメッセージが表示されたら完了です。

OperaアドオンでTab Resizeのインストールが完了した時の画面

 

OperaでのTab Resizeの使い方

まずアドレスバー右の領域に追加されたTab Resizeのアイコンをクリックします。すると以下のような画面が表示されます。

OperaでTab Resizeを最初に使用する時に表示される画面

アップデートで追加された機能についての情報などが記載されているので、確認して「Lets go!」をクリックします。

 

すると以下のような画面が表示されます。

OperaからTab Resize(バージョン2.2.7)を使ってタブを並べ替える時の画面

 

なお、Google Chromeではデュアルディスプレイの左右領域を選択することができましたが、Operaではシングルモニタにしか対応していないようです。

 

ちなみにGoogle Chromeで上の画面を表示した場合は、以下のような状態になります。

TabResizeでタブを分割する時の設定画面

 

ただし、この画面からタブを並べるための操作やカスタムレイアウトを作成するための方法はChromeと同じ操作で行うことができます。

 

まとめ

Tab Resizeは複数の画面を使って作業する場合などに便利な拡張機能です。Operaアドオンから簡単に追加することができるので、Operaで作業することが多い場合には追加して活用してみるとよいと思います。

-ブラウザの設定・拡張機能

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.