言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPressプラグイン

自動で投稿に目次を挿入することができるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方

投稿日:2017年1月3日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

今回の記事では、投稿に簡単に目次を表示することができるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方を紹介します。

Table of Contents Plusで投稿に目次を表示する手順

「Table of Contents Plus」は、ブログの投稿に自動で目次を挿入することができるプラグインです。

たとえば以下のような目次をほとんど設定不要で簡単に表示することができます。

Table of Contents Plusを使ってWordPressの投稿に目次を表示した時の画面

長文の記事を書く場合などには投稿の冒頭部分目次を置くことで、記事にどんな内容が書かれているか分かりやすくなり、またリンクをクリックすして読みたい部分にすぐにジャンプすることができるようになるなど、ユーザビリティの向上に役立ちます。

 

インストール手順

それでは、ここからはインストール手順や使い方について説明していきます。

このプラグインをインストールするには、まずWordPress管理画面左メニューから「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックします。

そして「プラグインを追加」という画面が表示されたら、検索窓に「Table of Contents Plus」と入力し「今すぐインストール」をクリックします。

「プラグインを追加」からTable of Contents Plusをインストールする時の画面

少しして「有効化」というボタンが表示されたら、「有効化」をクリックして使用するための準備が完了です。

 

設定手順

次にプラグインを使用するための設定手順について説明します。

まずは、WordPress管理画面「設定」⇒「TOC+」をクリックします。

WordPress管理画面から「プラグインを追加」からTable of Contents の設定画面を表示する時の操作

すると、以下のような画面が表示されます。

Table of Contents Plusの基本設定画面 Table of Contents Plusの基本設定画面

この画面には「基本設定」「サイトマップ」というタブがあり、(投稿に見出しが4つ以上ある場合には)デフォルトの状態でも使用することもできますが、必要に応じて以下のような設定を行うことができます。

 

「基本設定」タブの設定

  • 位置:目次を入れる位置を指定します(通常はデフォルトになっている「最初の見出しの前」のままで問題ないと思います)
  • 表示条件:見出しがいくつ以上ある時に目次を表示するかを設定します(デフォルトは「4つ」になっていますが、プルダウンメニューから2~10まで選択可能です)
  • 以下のコンテンツタイプを自動挿入:目次を挿入するコンテンツを選択します(デフォルトの状態で「post」にチェックが入っているため、そのままだと投稿に目次が表示されます)
  • 見出しテキスト:目次の上にタイトルを表示する場合にはチェックを入れ、希望のタイトルを入力します
  • ユーザーによる目次の表示・非表示の切り替えを許可:チェックを入れると、記事を閲覧している人が目次の表示・非表示を切り替えることができます
  • 最初は目次を非表示:ページを表示した時点で目次を非表示にしたい場合にチェックを入れます
  • 階層表示:チェックを入れると見出しのタグに応じて階層表示にすることができます
  • 番号振り:目次に番号を付ける場合にはチェックを入れます
  • スムーズクロール効果を有効:目次のリンクをクリックした時にジャンプではなくスクロールしたい場合にチェックを入れます

 

外観

  • 横幅:目次を表示する枠の横幅をプルダウンメニューから選択します
  • 回り込み:記事を左右どちらかの回り込みで表示するかしないかを選択します
  • 文字サイズ:文字のサイズを「%」「pt」「em」で指定することができます
  • プレゼンテーション:目次の背景色をテンプレートから選択もしくは直接コードを入力してカスタム設定することができます

 

また「上級者向け」という部分の「表示」をクリックすると上級者向けの設定項目が表示され、さらに細かい設定をすることが可能です。

 

「サイトマップ」タブの設定

サイトマップタブをクリックすると、以下のような画面になります。

Table of Contents Plusのサイトマップ設定画面

ここからは、テキストウィジェットなどを使用して固定ページやカテゴリーのメニューを表示する場合の設定を行うことができます。

上記の必要な設定が完了したら、「設定を更新」をクリックし設定内容を反映させて完了となります。

 

まとめ

このプラグインをインストールすると自動で各投稿に目次を表示することができ、ブログのユーザビリティ向上につながります。導入やカスタマイズは簡単に行うことができるので活用してみてはいかがでしょうか。

-WordPressプラグイン

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.