言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPressプラグイン

WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を使用してサイドバーに目次を表示する方法

投稿日:2017年1月5日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です>

この記事では、WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を使ってサイドバーに目次を表示する方法を紹介します。

TOCを使ってサイドバーに目次を表示する方法

Table of Contents Plusは、投稿や固定ページに自動で目次を表示することができるWordPressのプラグインです。

このプラグインを使用すると、投稿以外にもサイドバーに記事の目次を表示することが可能で、たとえばスクロール追従領域に目次を固定表示してユーザビリティの向上を図ることができます。

なおプラグインのインストール手順や基本的な設定方法については以下のページを参照ください。

自動で投稿に目次を表示することができるWordPressプラグイン「Table of Contents Plus」の使い方

 

設定方法

それでは、ここからは目次を表示するための設定手順を説明します。

まず、WordPress管理画面のメニューから「外観」⇒「ウィジェット」をクリックします。

WordPress管理画面のメニューからウィジェットを表示する時の操作

 

画面が表示されたら、利用できるウィジェットの中から以下のような「TOC+」と書かれたウィジェットを探します。Table of Contents Plusを使ってサイドバーに目次を表示する場合に追加するウィジェット

 

次に「TOC+」をクリックして「サイドバーウィジェット」を選択、「ウィジェットを追加」をクリックします。

Table of Contents Plusのウィジェットを追加する時の画面

 

そしてウィジェットエリアの中から「TOC+」をクリックして開きます。

すると、以下のような画面になるので「タイトル」に目次を表示するタイトルを入力し、「保存」をクリックします。

Table of Contents Plusを使ってウィジェットでサイドバーに目次を表示する場合の設定

 

そうすると、(投稿に目次を表示している場合は)投稿に加えて2箇所に目次が表示されるようになります。

たとえば、デフォルトの設定であれば以下のような目次が表示されます。

Table of Contents Plusでサイドバーに目次を表示した場合の画面

 

投稿に目次を表示したくない場合

もし投稿の中に目次を表示したくない場合には、ウィジェットの「目次をサイドバーのみに表示」にチェックを入れます。

Table of Contents Plusの目次をサイドバーのみに表示する場合の設定画面

 

そうすると「以下の投稿タイプで」という表示が現れるので、その下にある項目の中から「post」(投稿)や「page」(固定ページ)など、必要なところにチェックを入れます。

そして「保存」をクリックして設定が完了です。

 

まとめ

Table of Contents Plusを使用すると簡単に希望する場所に目次を表示することができます。

サイドバーに目次を表示したいとう場合でもウィジェットを使用することで手軽に設定ができるので、必要な時にはこのプラグインを活用してみてはいかがでしょうか。

-WordPressプラグイン

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.