言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

フリーランス

仕事や勉強の集中力が続かない そんな時に効率アップを図るおすすめの方法3つ

投稿日:2016年7月2日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

パソコンに向かって作業をしている時や勉強している時など、何かをしなければいけないけれど集中力が続かないという時があります。

 

今回の記事では、そうした集中力を高めたい時に役立つ方法をまとめました。

 

仕事や勉強の集中力を高めるためにおすすめの方法3つ

それでは、私自身が実践したことがあることを含めて、集中力の持続に役立つ方法を3つ紹介します。

 

コーヒーブレイク・ティーブレイクを楽しむ

仕事や勉強をする際にコーヒーを飲むという人は多いかと思います。

 

まず、コーヒーに含まれるカフェインには眠気を覚ますのにも効果的なため、それを期待して飲むのも良いですが、お気に入りのコーヒー豆を用意し、豆を挽くことから始めてコーヒーの香りや味わいをゆっくり楽しむ時間を持つのも、気分転換にもなりよいかもしれません。

 

私自身はよくペパーミントティーを淹れますが、煮出していると部屋に爽やかな香りが広がり、それだけでも気分がよくなり頭がすっきりとします。

 

また、香りをかぎながら暖かいミントティーを飲んでいると、疲れがほぐれてリラックスできるため、集中して何かに取り組みたい時にはおすすめです。

 

音楽をかける

好きな音楽をBGMに掛けて作業をする、または音楽を聞きながら小休憩をとることも、気分転換になり結果的に作業の効率を上げることに役立ちます。

 

好きな音楽以外には、クラシック音楽をBGMのように小さめの音量でかけると程よく集中して作業に取り組むことができ効果的です。特に、クラシックの中でもモーツァルトの曲が集中力を高めるのに効果的だと良くいわれます。

 

私は以前、作業用のBGMとして編集されたモーツァルトのCDを購入して、勉強する時などによく聞いていました。音楽が作業を邪魔することもなく、気分や頭が適度にすっきりとした状態で作業に取り組むことができます。

 

また「アルファ波」を出して集中力やリラックス効果を高めるというBGM用CDもあります。これも以前よく聴いていましたが、これも思考の妨げにならず、リラックスしながら作業や勉強に取り組むことができるようになり良いと思います。

 

適度に休憩を取る

たとえば1時間作業をしたら5分休憩するというように、仕事をする時には適度に休憩を入れるようにするとよいとよくいわれます。

 

休憩をどんなタイミングで取るとよいかは人にもよるかと思いますが、休憩を適度に取りながらモチベーションを保つことは集中力を維持することに必要ですので、時間を決めて強制的に休憩をするなり、時間を決めずに休みたくなったらしっかり休憩をするなりしてメリハリをつけていくとよいと思います。

 

もしくは、休憩に軽いストレッチや有酸素運動をすると、その後頭がすっきりとして作業が捗るようになり、おすすめです。

 

まとめ

以上、集中力が持続しない時に高めるために効果的な方法を紹介しました。

今回挙げた方法はある程度一般的ともいえますが、人によって効果のほどは違ってくるところがあるかと思います。

個人的には、ハーブティーや音楽で「気分転換をして一時的に違ったことに意識を逸らす」「リラックスして気分を緩める」といったことや、「体を軽く動かす」といったことが役立つことが多いですが、人によって好きなことやリラックスする方法は違ってくるので、上記のような方法の中から自分に合った気分転換やリラックスできることを試してみるとよいかもしれません。

-フリーランス

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.