「心機一転」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

直近24時間の人気記事

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「心機一転」(読み方:「しんきいってん」)という言葉は、「心機一転する」「心機一転して~する」などの形でよく用いられています。

たとえば新しいことを始める時や環境の変化があった時の心境について述べる場合などに用いられていますが、具体的にはどのような使い方ができるのか、また他に似たような意味のある語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「心機一転」の意味と使い方、また類義語にあたる語について説明していきます。

 

スポンサーリンク

「心機一転」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「心機一転」の意味と使い方、また類義語との違いを説明します。

 

意味

まず、「心機一転」には以下のような意味があります。

ある事をきっかけに、気持がすっかり変わること、また、変えること。

出典:精選版 日本国語大辞典「心機一転」

つまり、「あるできごとがきっかけとなって、そこから気持ちがすっかり変わること、もしくはすっかり気持ちを変えること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「心機一転」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「以前から住んでみたかった憧れの街に引っ越し、心機一転して生活を改める」
  • 「仕事と家庭との両立に行き詰まりを感じ仕事に対するモチベーションも下がっていたため、待遇の良い企業に転職して心機一転を図った」
  • 「未経験の部署への異動を機に心機一転して仕事に取り組む」
  • 「人間関係のストレスで鬱々とした気分が続いていたが、独立を決意し心機一転する」

 

類義語

では次に、「心機一転」の類義語について見ていきます。

この言葉と似た意味のある語としては、以下のようなものが挙げられます。

 

気分一新(きぶんいっしん)

まず、「気分一新」は「気持ちを新しくすること」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「連休に有給休暇をあわせて長期休暇をつくり、海外旅行に行って気分一新を図る」
  • 「久々に気の許せる友人と会って心置きなく語り合い、翌日から気分一新して仕事に取り組むことができた」

 

気分転換(きぶんてんかん)

「気分転換」は「それまでの気分を別の方向に変えること」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「オフィスにばかりいると気が詰まるため、天気の良い日には昼休みの時間を利用して、食事がてら近くを散歩し積極的に気分転換を図っている」
  • 「気分転換に新しい髪型やファッションを取り入れる」

 

まとめ

以上、「心機一転」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「何かの出来事をきっかけに気持ちがすっかり変わること」を表し、引っ越しや転職などで新しい環境に移るなどのきっかけで自分の気持ちが変わったり、それらを理由に気持ちを変えるといった場面で用いることができます。

また近い意味の語に「気分一新」「気分転換」といったものが挙げられますが、これらの場合には「何らかの行動をして気分を新しくすること」「行動を起こすことで気分を建設的な方向に変えること」を表し、塞いでいた気分を良い方向に持っていくといった場合に用います。

これらの語は近い意味ではありますが、それぞれニュアンスに違いがあるため、気持ちを切り替えて何かを行うことについて表す場合には、場面に応じて適当に使い分けると良さそうです。