言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「承諾」の意味と使い方・例文・「受諾」「許可」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「承諾」という言葉は、「承諾を得る」「承諾する」などの形で用いられています。

ビジネスの場面でも多く用いられ特に使い方が難しい語ではありませんが、たとえば近い意味のある「受諾」「許可」と比べてどのような違いがあるのか疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「受諾」の基本的な意味と使い方、また併せて「受諾」「許可」との違いについて説明していきます。

 

「承諾」の意味と使い方・例文・「受諾」「許可」との違い

それでは、以下に「承諾」の意味と使い方、また「受諾」「許可」との違いを説明します。

 

意味

まず、「承諾」には「相手の申し出を聞き入れること」といった意味があり、「相手の意見や希望を聞き入れる、要求、頼みなどを引き受ける」ことを表します。

 

使い方・例文

次に、「承諾」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「友人から結婚式のスピーチを頼まれ快く承諾する」
  • 「勤務時間中ではあったが、上司からの承諾を得て私用で外出する」
  • 「未成年者が買取を依頼するには保護者の承諾が必要だ」
  • 「上司からその企画の承認を得る」

 

「受諾」「許可」との違い

ではここからは、近い意味のある「受諾」「許可」という語との違いについて見ていきます。

まず、「受諾」は「依頼や要求などを受け入れること、引き受けること」、「許可」は「願いなどを認めること、許すこと」を表します。

そして、これらの語と「受諾」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「受諾」:「彼はその役職への就任を受諾した」(彼はその役職に就任することを受け入れた)
  • 「許可」:「両親に許可を得て友人同士で旅行する」(両親に許しを得て友人同士で旅行に行く)
  • 「承諾」:「上司から忘年会の幹事を頼まれ、快く承諾した」(忘年会の幹事を頼まれ、快く引き受けた)

つまり、「承諾」は一般的に「相手からの依頼を引き受ける、意見などを聞き入れること」を表すのに対して、「受諾」は公的に依頼されたことを正式に受け入れる場面で用い、また「相手から依頼されたことをただそっくり受け入れる」という受動的なニュアンスがあります。

また、許可は「目上の人が相手からの願いを聞き入れて、その行動許す」ことを表し、他の2つの語とはニュアンスが異なります。

【参考記事】
「了承」の意味と使い方・例文・「承知」「了解」との違いまとめ

 

まとめ

以上、「承諾」の意味と使い方、また「受諾」「許可」との違いについて説明しました。

これらの語は大まかに「相手からの依頼などを聞き入れる、もしくは認める」ことを表しますが、その内容や相手との関係などによってそれぞれ用いる場面が異なります。

その点を意識すると、それぞれの違いが明確になり使い分けがしやすくなるかと思います。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.