言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「策定」の意味と使い方・例文・「計画」「決定」「制定」との違いまとめ

投稿日:2017年8月3日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

「策定」(読み方:「さくてい」)という言葉は、「~を策定する」「~の策定」といった形でよく使われています。

企業などの方針や計画、戦略を考えて決めることをいう場合によく使われていますが、具体的にどのようなことを現すのか、また似た意味のある「計画」「決定」「制定」といった語がとは具体的にどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「策定」の意味と使い方、「計画」「決定」「制定」との違いについて説明していきます。

 

「策定」の意味と使い方・例文・「計画」「決定」「制定」との違い

それでは、以下に「策定」の意味と使い方、「計画」「決定」「制定」との違いを説明します。

 

意味

まず、「策定」には以下の意味があります。

方針を立てて決めること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「策定」

つまり、「ある物事を行う上での基本的な考え方や目指す方向を考えて決めること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「策定」の使い方を例文を使ってみていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼は起業するにあたり、事業の柱や基盤となる事業計画書を策定した
  • 「教育委員会の規則により、各公立学校の校長は学校運営規定の策定が必要とされている」
  • 「委員長である社長のもとに各部署の責任者で構成された情報セキュリティ委員によりセキュリティポリシーが策定された
  • 「経営状況の把握・改善や従業員とのビジョン共有のために経営計画を策定することは経営者にとって重要な仕事の一つだ」

ポイント

「策定」は「物事を行う上で基本となる考え方や進むべき方向を作り出す、考えて決めること」をいい、上記のように権限のある人が組織の運営を円滑に行うための規定や計画などを作り上げて決めることについていう場合などに「~を策定する」「~の策定」といった形で使われています。

 

「計画」「決定」「制定」との違い

では次に、「策定」と近い意味のある「計画」「決定」「制定」との違いについて見ていきます。

まず、これらの語には以下の意味があります。

ある事を行うために、あらかじめその手順・方法などを考えること。また、その考え。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「計画」

はっきりときめること。はっきりときまること、また、そのきまった事柄。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「決定」①

法律・規則などを定めること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「制定」

そして、これらの語と「策定」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「計画」:「退職を機に欧州への旅行を計画する」(≒「退職を機に欧州へ旅行に行くために、宿泊先や航空券を手配する方法などを考える」)
  • 「決定」:「厳正な審査の結果、最優秀賞の受賞者が決定した」(≒「厳正な審査の結果、最優秀賞の受賞者が確定した」)
  • 「制定」:「その自治体では市民からの提言を受けて路上喫煙禁止条例の制定を検討し始めた」(≒「その自治体では市民からの提言を受けて路上喫煙禁止条例を定めることを検討し始めた」)
  • 「策定」:「各部課長は来年度の予算計画を策定し期日までに提出する必要がある」(≒「各部課長は来年度の予算計画を作り決定したものを期日までに提出する必要がある」)

ポイント

つまり、

「計画」は「物事を行うにあたってそれに必要な手順や方法を事前に考えること」(旅行に行くなど、これから何かを行うに際してそれに必要な方法などを前もって考えること)、

「決定」は「何かをはっきりと決めること」、

「制定」は「法律や規則を決めること」(立法機関、つまり国会が法律などを定めることや地方公共団体が条例を定めることなどについていう)

「策定」は「ある物事を行うにあたってその基本的な考え方や進むべき方向をあれこれ考えて決めること」(たとえば事業計画、予算計画、経営計画といったように、企業などの組織を今後運営する上での方向性や目標をなどを作成する時などに使う)

を表すという違いがあります。

 

まとめ

以上、「策定」の意味と使い方、また「計画」「決定」「制定」との違いについてまとめました。

この言葉は「指針を立てて決めること」をいい、組織などを運営する上で基本となる考え方や進むべき方向を作り上げて決める場合に「~を策定する」「~の策定」といった形で使われています。

また、「計画」「決定」「制定」といった語についても似たような意味がありますが、計画は「(何かの行動を起こすために必要な方法などを)前もって考えること」をいいます。

また「決定」は「ある物事についてはっきりそうと決めること」、「制定」は「(規則や法律などを)定めること」をいいます。

それぞれ何かを考える、決めることについていう言葉ではあっても微妙に使い方が異なるため、適した場面で使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.