言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPress

RSSに表示する記事の内容を「抜粋のみ」にするための設定方法

投稿日:2016年12月20日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です>

今回の記事では、RSSでブログ記事を抜粋のみ表示するように設定する方法を紹介します。

RSSで記事の抜粋のみを表示する設定手順

RSSフィードの購読をして配信された記事を読む時には、記事の文章や画像がすべて含まれている場合と、冒頭の一部分のみが表示されサイトを開かないと続きが読めないようになっている場合とがあります。

たとえば、全文がRSSで表示される場合だと以下のようにそのままRSSで記事をすべて読むことができます。

RSSで記事の全文を配信する設定にした場合のRSS側の画面表示

この場合、読む側からすればいちいちサイトに訪問しなくてもRSSだけで記事の内容を見ることができるので便利だといえますが、以下の点に注意が必要です。

  • RSSに記事が全文表示されると、コンテンツが丸ごとコピーされ転載されるリスクが高まる
  • RSSだけで記事がすべて読める状態だとブログへの訪問数が減るため、広告収入に影響が出る

上記のような点から、RSSでは記事の全文を表示せずに抜粋のみを表示するようにするほうがよいといえます。

ただしWordPressのデフォルトでは全文表示されるように設定されているため、この設定を変更する必要があります。

 

設定方法

RSS配信の表示方法を変更するには、まずWordPress管理画面のメニューから「設定」⇒「表示設定」をクリックします。

WordPress管理画面の設定メニュー

 

すると以下のような画面が表示されます。ここからRSSに関する以下の項目を設定します。

WordPress管理画面の表示設定

  • RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数:RSSフィードに配信する投稿数を任意の数に設定
  • RSS/Atomフィードでの各投稿の表示:「抜粋のみを表示」にチェックを入れる

上記の設定をしたら、画面下の「変更を保存」をクリックして完了です。

WordPress「表示設定」で設定の変更を保存する時の操作

 

「抜粋のみを表示」にした場合のRSSでの表示

上記設定が完了した後にRSSで記事が配信されると、以下のように表示されます。RSSで記事の一部を抜粋表示する設定にした場合のRSSでの表示

このように、記事の冒頭部分しか表示がされていないため、その先の部分を読みたい場合にはブログを表示してもらえるようになります。

なお、この場合は抜粋された記事が表示されているだけで味気ない状態になっていますが、function.phpを編集またはプラグインを使用して記事の抜粋と併せてサムネイル付きの関連記事を表示することもできます。

 

まとめ

記事をRSSで表示する方法は、上記のように簡単な操作で変更することができます。全文表示のままではデメリットとなることのほうが大きいので、一部のみを表示するよう設定を変更しておくことをおすすめします。

-WordPress

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.