言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

ロゼッタストーン

「ロゼッタストーン イギリス英語版」レベル5まで終了して得られた効果

投稿日:2018年10月18日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です>

今年の1月に「ロゼッタストーン イギリス英語版」を購入し学習を始めました。

途中まで進んだところでイギリスやフィリピンに旅行に行っていて慌ただしかったこともあり、学習できない日が多くできてしまったものの、先日やっとレベル5まで一通り学習し終えました。

とはいえその学習は実際に役立ったのか、どんな効果があったのかいうところが肝心なところですので、ここではロゼッタストーンを使ってここまでイギリス英語を学習する中で得られた効果についてまとめたいと思います。

 

「ロゼッタストーン イギリス英語版」レベル5まで行って得られた効果

それでは、ロゼッタストーンをレベル1~5まで通して学習することで得られた効果について以下に説明していきます。

 

海外旅行に必要な英会話を習得できた

学習していて得られた成果としては、まず海外旅行に行くにあたって必要な英会話力を身に付けることができたことが挙げられます。

私はロゼッタストーンイギリス英語版での学習を始めてから少ししてイギリス旅行、そしてそこから数ヶ月置いてフィリピンへ一人で旅行に行ってきました。

ロゼッタストーンのようなソフトを使って英語を勉強する人には海外旅行に行くのに役立てたいと考えている人も多いかと思いますが、レッスンの中にはショッピングやレストラン、ホテル、空港などの場面で使う会話、相手の言っていることが分からない時に聞き返す言い方なども出てくるので、旅行にも役立ちます。

私はそれらのレッスンをある程度学んだ後で旅行に行ったので、実際にレッスンで出てきた表現と似た言い回しを使う機会も多かったですし、「I'd like to go to ~」など簡単な表現であればすっと口に出てきました。

また、独学とは言え数ヶ月間リスニングやスピーキングの勉強をしていたということは、一人でイギリス旅行に行く上での言葉に対する不安を軽減してくれたこともやっていて良かったことの一つです。

さすがにネイティブの人とペラペラと話せた訳ではないですが、ロゼッタストーンでの学習をせずにいきなり海外に行ったらもっと戸惑っていたと思います。

ただ逆に言うと、レッスンでイギリス英語に慣れてはいましたが、訛りのある英語を話されるとなかなか聞き取れなかったです。

部分的に分かるところからこういうことかと想像しながら話して何とか切り抜けましたが、同じ英語なのにと自分でも驚きましたし、何度かリピートしてもらっても理解できずにちょっと慌ててしまいました。

学習ソフトで基本的な部分は身に付けられても、それだけではしっかりと実用に対応できるようになるまでには足りないと痛感しました。

 

ネイティブに通じない発音を把握することができた

得られた効果の2つ目として、実際にネイティブと話す上で自分の発音では相手に通じない部分があることを知るのに役立ったという点が挙げられます。

ロゼッタストーンのレッスンでは自分が発音した音声の録音を聞くことができるので、自分の話す英語がどんなレベルかを自分で把握しやすいです。

そうすると自分のレベルが分かるとどんなところを強化すれば良いかが分かりますし、それが認識できているほうがネイティブとの会話でも役立ちます。

たとえばイギリス旅行に行った時に、ところどころで私の発音が通じない単語がありました。

その一つがscissors」(ハサミ)という単語です。

ロゼッタストーンで学習をする中でもこの単語が出てきたのですが、その時にも自分の発音ではなかなか正解になりませんでした。

実際に旅行中に、ホテルのフロントでハサミを借りたいと申し出た時にscissorsを聞き取ってもらえず、分からないと言われてしまいました。ではそれならカッターはないかと「cutting knife」といったところで、そこから連想したのかscissorsだとやっと分かってもらえました

つまり、ロゼッタストーンで学習して発音の練習をしていてもそれでネイティブにきちんと通じるようにまでなっていないのですが、それでも自分の発音では伝わらない単語があることが分かっていると、ネイティブと話していてなぜ通じないのかと焦ることもありませんし、その発音を自分で分析して強化することもできます。

ネイティブの発音をしっかりと聞いてそれを真似るだけでは、それと同じように発音するのは難しいです。

だからといって自分が自分の発音がカタカナ英語のように通じないという状態を知っていないと改善することはできません。

そういう意味でも、自分の発音がどんな程度なのかを知っておくことは、実際にネイティブと会話をする上で役立つことだと感じました。

 

リスニング・スピーキング力が底上された

上記で書いたことと共通するところもありますが、ロゼッタストーンを使って学習したことでリスニングやスピーキング力の底上げになりました。

もともとは英語を身近に感じられるように、また勉強の意味を含めて英語のドラマや映画を見たり音楽を聞いたりということをよくしていて、それはそれで役立っていますが、ロゼッタストーンではもっと基本的な部分をネイティブのクリアな発音を通して学ぶことができます。

また英文の内容に沿った画像を画面で見ながらネイティブの発音を繰り返し聞くことができるので、表現や単語をどんな状況で使うのかを具体的に知りながら学べます。

そして何度も繰り返してレッスンをしているうちに自然と表現や単語が頭に残るようになったり、英文が聞き取りやすくなったりしてきます。

発音についても同じように、何度か単語や英文を自分で発音しているうちにネイティブの発音やイントネーションと具体的にどこが違うのか何となく掴めるようになりますし、始めは長い英文を言いづらかったとしても意味を考えながら適度なところで区切ってある程度スラスラと言えるようになってきます。

やはり語学の勉強は継続や慣れが大きいところはあるので、自分のペースで学習を続けやすいロゼッタストーンは基本的な語学力のアップに効果的です。

 

まとめ

以上、ロゼッタストーンイギリス英語版のレベル5まで行う中で得られた効果についてまとめました。

ロゼッタストーンでのレッスンを通じて基本的なリスニング力やスピーキング力を伸ばすことができました。

海外旅行に行った時にはレッスンで学んだ表現が役立ったことも多かったですし、事前に自分の会話レベルがどのくらいかをだいたい分かった状態で旅行に行ったので、ところどころで単語が通じなかったりとっさに言葉が出てこないことがあっても慌てずに済みました。

独学で海外旅行に行くための英会話を身に着けたい、基本的な英語力を身に着けたいという場合には、ロゼッタストーンであれば継続して学習することでそれなりの効果が得られるのでおすすめです。

関連コンテンツ

-ロゼッタストーン

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.