言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

ロゼッタストーン

ロゼッタストーンで履歴のバックアップデータを引き継いで利用する方法

投稿日:2018年6月30日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

別の記事で、以前使用していたパソコンが突然起動できなくなりパソコンを買い替えたことについて書きましたが、その新しいパソコンにロゼッタストーンをインストールし直しました。

ロゼッタストーンは同時に2台のパソコンで使用することが可能で、レッスンの履歴を引き継いで使用することができます。

とはいえ、あらかじめデータのバックアップを取っていなかったため手間取りましたが、サポートに問い合わせをしながら何とか以前のデータを引き継ぐことができました。

そこで、ここではロゼッタストーンのバックアップを事前に取得・復元する方法と、ローカル環境・外部記憶媒体などにバックアップデータが一切ない場合にデータを復元する方法についてまとめていきたいと思います。

 

ロゼッタストーンの履歴をバックアップする・引き継いで利用する方法

それでは、以下にロゼッタストーンの履歴をバックアップ、および復元する方法を説明します。

 

他のパソコンにデータを引き継ぐには

ロゼッタストーンは1年ほどの長期的なスパンで継続して学ぶことで英語を身につける学習ソフトのため、ある程度のところまで学習を進めたにもかかわらず、パソコンのトラブルが原因で一からやり直すという状況になるのは避けたいところです。

たとえば「復習を兼ねて初めからもう一度行う」という考え方もありますが、私は今回以前のデータを引き継げないかもしれないと考えるとかなりモチベーションが下がりました。

ロゼッタストーンは簡単な手順で外部記憶媒体やクラウドストレージにバックアップを取ることができるようになっているため、なるべく上記のような状況にならないために定期的にデータのバックアップを取っておくと安心です。

また、状況によりサーバーの情報を同期して引き継ぐこともできるようになっているので、以下にその二通りの方法について説明したいと思います。

 

バックアップを取得・復元する方法

それでは、まずその時点までの学習履歴をクラウドストレージなどにバックアップする方法について見ていきます。

まず、「エクスプローラ」からCドライブを開き、その中の「ProgramData」をダブルクリックします。

Window10でCドライブ内の「ProgramData」を開く時の操作

なお、「ProgramData」は隠しフォルダです。

もしCドライブの中に「ProgramData」のフォルダが見つからない場合には、先に隠しファイルを表示するための設定を行います。

Windows10で隠しフォルダを表示するには、エクスプローラの「表示」タブを選択し、「隠しファイル」のチェックボックスにチェックを入れれば完了です。

Window10のエクスプローラで「隠しファイル」を表示するための設定

 

そして、次に「ProgramData」の中にある「Rosetta Stone」、さらにその中の「Language Training」というフォルダを開きます。

ロゼッタストーンのバックアップデータが保存されているフォルダのパス

そうすると、その中に「tracking db3」というファイルがあるため、このファイルをコピーして外部記憶媒体などの任意の場所に貼り付け、保存しておきます。

Window10のパソコンでロゼッタストーンのバックアップを取るためのフォルダにアクセスする時の操作画面

そして、このファイルを使って別のパソコンでデータを復元するには、そのバソコンで「C:\ProgramData\Rosetta Stone\Language Training」のパスを開き、その中にバックアップとして保存しておいた「tracking db3」をコピーします。

 

サーバーのデータを引き継ぐ方法

では次に、サーバーのデータを同期して引き継ぐ場合の方法について見ていきます。

まず、ロゼッタストーンで学習をする際に、あらかじめユーザーを登録しますが、この時にメールアドレスやパスワードといった情報を入力します。

そして、それらの情報と同じものを、別のパソコンでユーザー登録をする際に入力することで、そのユーザーの履歴を引き継ぐことができるようになります。

(つまり、この方法でデータを引き継ぐ場合にはユーザー登録時に入力したメールアドレスとパスワードが分かる状態になっている必要があります。ただし、もしパスワードのみが分からない場合にはリセットするという方法もあります)

具体的には、ユーザー登録時にまず以下の画面で必要事項に入力をし「次に進む」をクリックします。

ロゼッタストーンのユーザー登録画面

そして、以下の画面になったら、「メールアドレス」「パスワード」にデータを引き継ぎたいユーザーの登録時に入力したメールアドレスとパスワードを入力して進みます。

ロゼッタストーンのユーザー登録時にサインイン情報を入力する時の画面

データを同期するのに多少時間が掛かりますが、この方法で操作を行うと別のユーザーの情報を新しく登録するユーザー引き継いで学習を始めることができます。

 

まとめ

以上、ロゼッタストーンのデータをバックアップ、復元する方法について説明しました。

ロゼッタストーンは毎日少しずつ継続して学習することで英語の感覚などを養うことができますが、ある時これまでの履歴が消えてしまい、一から学習し直すということにならないように上記の方法であらかじめバックアップを取っておくと安心できます。

私は今回サーバーのデータを引き継いで学習を行うことができましたが、今後はなるべく必要なデータを複数の方法でバックアップを取っておき、トラブルに備えるようにしたいと思います。

関連コンテンツ

-ロゼッタストーン

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.