言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「黎明」の意味と使い方・例文・「暁」「日の出」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「黎明」(読み方:「れいめい」)という言葉は、「~の黎明期」「黎明を告げる」などの形でよく用いられています。

しかしながら、この言葉が具体的にどのようなことを表すのか、もしくは近い意味のある「暁」「日の出」といった語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「黎明」の意味と使い方、また「暁」「日の出」との違いを説明していきます。

 

「黎明」の意味と使い方・例文・「暁」「日の出」との違い

それでは、以下に「黎明」の意味と使い方、また「暁」「日の出」との違いを説明します。

 

意味

まず、「黎明」には以下のような意味があります。

  1. あけがた。よあけ。
  2. 比喩的に、新しい時代・文化・芸術など、物事の始まり。

出典:広辞苑「黎明」

つまり、「夜が明けようとするころ」、もしくは「新しい時代や物事が始まろうとしているころ」をたとえていう語となっています。

 

使い方・例文

次に、「黎明」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「その作品には、黎明の空の青と地平線に伸びる朝焼けのオレンジからなる美しいグラデーションが映し出されていた」
  • 「スマートフォンの黎明期にはWindowsMobileやBlackBerryといったOSが主流だったが、現在ではAndroidとiOSがシェアのほとんどを占めている」
  • 「その企業のシンプル過ぎるデザインのホームページはインターネット黎明期を思い起こさせる」
  • 「明治初期は急速に西洋文化が取り入れられ、近代化の黎明を告げた時代だ」

 

「暁」「日の出」との違い

では次に、似た意味のある「暁」「日の出」という語との違いについて見ていきます。

まず、これらの語には以下の意味があります。

  1. 夜が空ける前のほの暗いころ。明け方。夜明け。
  2. 念願が実現した、その時。

出典:明鏡国語辞典「暁」

  1. 朝日が東の空に昇り出ること。また、その時。天文学的には、太陽の上緑が東の地平線にくる瞬間。
  2. 朝日の昇るように、勢いの盛んなこと。

出典:広辞苑「日の出」

そして、これらの語と「黎明」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「暁」:「優勝した暁には全国的に名の知れた選手となるだろう」(優勝したその時には、全国的に名の知れた選手となるだろう)、「その時見た暁の空は印象的な光景だった」(その時に見た、夜が明ける前の薄暗さの中に東の地平線が明るくなるってくる時分の空は印象的な光景だった)
  • 「日の出」:「そのチェーン店は日の出の勢いで店舗を増やしている」(そのチェーン店は朝日が昇るような盛んな勢いで店舗を増やしている)、「早起きをして初日の出を拝む」(早起きをして元旦の空に朝日が昇り出るのを拝む)
  • 「黎明」:「その企業は業界の黎明期から生き抜いた実績のある会社だ」(その企業は業界が発展するよりも前の段階から生き抜いてきた実績のある会社だ)、「余裕をもって黎明には出発することにした」(余裕をもって夜が明けようとするころには出発することにした)

つまり、「暁」は「夜が明ける前のまだ薄暗いころ、東の空が明るくなるってくるころ」「いつも思い願っていたことが叶った時」、「日の出」は「朝日が昇り出ること(もしくは朝日が昇る時)」「勢いが強いこと」、「黎明」は「夜が明けて朝になろうとするころ」「物事の始まり」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「黎明」の意味と使い方、「暁」「日の出」についてまとめました。

この言葉は「夜が明けようとしているころ」「物事の始まり」といった2つの意味があり、「黎明の空」(夜が明けようとしている時の空)「黎明期」(新しい時代が始まろうとしている時期)などの形で用いられています。

また、「暁」にも近い意味がありますが、この場合は「まだ夜が明ける前のほの暗いころ」(つまり黎明よりも時間的に前の段階)「一途に願っていたことが叶った時」をいいます。

そして「日の出」は「朝に太陽が昇る時」「勢いが盛んなこと」をいい、また違ったニュアンスがあるため、それぞれ場面によって使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.