言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

WordPressプラグイン

WordPress投稿一覧などの画面をカスタマイズできるプラグイン「Admin Columns」

投稿日:2016年9月2日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

WordPressの管理画面をカスタマイズできる「Admin Columns」というプラグインを使って、投稿一覧に表示される項目を追加する方法を紹介します。

「Admin Columns」の利用方法

「Admin Columns」はWordPressの管理画面をカスタマイズすることができるプラグインです。

投稿一覧や固定ページ一覧などの画面で、デフォルトで表示されている記事のタイトルや日時などの項目に加えて、最終更新日、ディスクリプション、アイキャッチ画像などを表示するなど、自分が使いたいようにカスタマイズすることができます。

これによって、ディスクリプションやスラッグなどの入力漏れに気付きやすくなったり、しばらく更新していない記事を見つけて最新の状態に追加修正するということがしやすくなります。

 

インストール手順

「Admin Columns」をインストールするには、管理画面のメニュー「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

以下の「プラグインを追加」画面で、検索窓に「Admin Columns」と入力して検索します。検索結果に「Admin Columns」が表示されたら「今すぐインストール」をクリック。

WordPressの新規追加からAdmin Columnsを追加する画面

(もしくはWordPressのプラグインディレクトリからダウンロードしたZipファイルをアップロードしてインストールします)

インストール完了後「有効化」をクリックして「Admin Columns」を有効にします。

 

設定方法

インストールが終わったら管理画面「設定」から「Admin Columns」をクリックします。

WordPress管理画面の設定メニュー

以下のような画面が表示されます。

Admin Columns設定画面

画面上部にあるプルダウンメニューをクリックすると、項目を追加するページを選択することができます。投稿以外に固定ページ一覧、コメントなども選択可能です。

Admin Columnsプルダウンメニューから投稿タイプを選択する画面

 

次に「列の追加」というボタンをクリックします。そうすると一番下に新しい項目が表示されます。

Admin Columns列の追加

 

「タイプ」といプルダウンメニューをクリックして、投稿一覧に追加したい項目を選択します。プルダウンメニューには以下のような選択肢があります。

Admin Colum設定

 

Admin Columns タイプを選択するプルダウンメニュー

項目を選択したら「設定を保存」の「保存」(または「更新」)ボタンをクリックします。

Admin Columnsの設定を更新する場合の画面

ここまでで項目の追加は完了です。投稿一覧画面から項目が追加されたことを確認します。

 

なお、もし間違って追加した項目があれば、その項目を選択して「削除」をクリックすると削除することができます。

 

Admin Columns 項目を削除・複製する時の操作

 

 また項目を並べる順番を替えたい場合は、ドラッグアンドドロップで変更することが可能です。

 

まとめ

「Admin Columns」を使うと管理画面が使いやすくなり記事の管理がしやすくなります。

まれにスラッグを入力しわすれてデフォルトのままにしてしまったり、ディスクリプションやキーワードを入れ忘れたりといったことがありますが、そういう時にも目に付きやすいです。

また最終更新日を表示しておくと記事のメンテナンスをする際に役立ちます。これ以外にもいろいろな使い方ができるので、インストールしておくと便利かと思います。

-WordPressプラグイン

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.