言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

ブラウザの設定・拡張機能

Chrome拡張機能「OneTab」のオプション設定を行う方法と主な設定内容

投稿日:2016年12月31日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

今回の記事では、複数のタブをまとめてリスト化することができるGoogle Chrome拡張機能「OneTab」のオプション設定を表示する方法と主な設定内容について説明します。

オプション設定の表示手順と主な設定内容

「OneTab」は、ブラウザに表示している複数のタブをワンクリックでリスト化することができる便利な拡張機能です。

この機能をブラウザに追加しておけば、そのままデフォルトの状態でも使用することができますが、「もっと自分が使いやすいようにカスタマイズしたい」という場合には、「オプション」画面から設定を変更することができます。

それでは、ここからは、この「オプション」画面を表示する手順とそこで設定が可能な主な項目について説明していきます。

 

オプションを表示する方法

まず、「OneTab」のオプション画面を表示するには、以下のように操作をします。

拡張機能をインストールしたブラウザを起動し、アドレスバー右に表示されている以下のアイコンを右クリックします。

One Tabのオプションを表示する場合の操作

そうすると、上の画像にあるようなメニュー項目が表示されるので、そのメニューの中の「オプション」をクリックします。

すると、新しいタブで以下のような画面が表示されます。

One Tabのオプション画面

この画面から、「OneTab」を使用する時の動作などに関する設定を行うことができます。

 

主な設定項目

では次に、「オプション」画面からカスタマイズが可能となる主な設定項目について説明します。

 

ブラウザを起動した時に自動で「OneTab」を表示しないようにする

これは「オプション」の「起動」という項目になりますが、まずウィンドウを起動した時の動作として、デフォルトでは「初めてWebブラウザを起動するたびにOneTab表示する」という項目が選択された状態になっています。

ウィンドウを起動する度にOne Tabを表示するかどうかの設定画面

もしウィンドウ起動時に自動で表示せずに必要な時にだけ画面を出したいという場合には、「自動的にOneTabを開かない」という項目にチェックを入れます。

なお、この場合は必要な時に「OneTab」を手動で表示することになりますが、その場合は説明にあるように「OneTab」のアイコンを右クリックしてメニューを表示し、上から2つ目にある「OneTab」という項目から「OneTabを表示する」を選択します。

 

タブを復元した時にリストから削除しないようにする

一度「OneTab」のリストに送ったタブやタブグループを「復元する(つまり、そのタブをもう一度表示する)」時の動作として、デフォルトの設定では「タブを開いてOneTabリストから削除する」という項目が選択されています。

この状態だと、基本的にリストにあるタブを一度復元するとそのタブはリストから削除されるようになっています。

(ただし説明書きにあるように、Shitキーを押してクリックするなどの操作をすることで、リストから削除することなく復元することも可能です)

One Tabでタブを復元する時にリストから削除するかどうかの設定

もし「常にタブを復元してもリストから削除せずに使いたい」という場合には、「必要なタブグループをロックしておく」ことでもそれが可能になりますが、「それらをOneTabリストに保存する」にチェックを入れると、都度ロックをしなくてもすべてのタブを保存しておくことができるようになります。

【関連記事】:複数のタブをグループ化するChrome拡張機能「One Tab」の使い方

 

タブグループを復元する場合に現在のウィンドウで開く

次に、タブを個別に復元せずに「タブグループ」として復元する際の動作についての設定ですが、デフォルトでは「OneTabが現在唯一開かれているウィンドウでない限り、新しいウィンドウを開きましょう」という項目が選択されています。

One Tabのグループを復元する時に新しいウィンドウを起動するかどうかの設定画面

この状態では、「その時起動しているウィンドウでOneTabのみが表示されている状態でなければ、新しいウィンドウが起動してタブグループが復元される」ということになります。

もしウィンドウの中に「OneTab」を含めて複数のタブが表示されている状態であっても、「その同じウィンドウ内にタブグループを表示したい」という場合には、「常に現在のウィンドウで開く」にチェックを入れます。

 

まとめ

OneTabは、ブラウザにたくさんのタブを表示している場合でも、それらをワンクリックでまとめて保存しておくことができる便利な拡張機能です。

ただ使い方によってデフォルトの設定では使いづらいと感じている部分があれば、上記の設定を見直してカスタマイズするとより使いやすい状態で活用することができるようになるので、必要に応じて設定を見直してみると良いかと思います。

-ブラウザの設定・拡張機能

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.