言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉遣い・敬語

Webサイトでよく使う言葉3つの言い換え表現

投稿日:2016年10月8日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

Webサイトなどの文章で同じ言葉を何度も使用してしまうという経験がある人はけっこう多いのではないでしょうか。

しかし、そうすると読者にしつこいという印象を与えたり読みにくいと感じる文章になったりしてしまうため、意味を変えることなく適度に別の言葉に言い換えて文章を作成するのが理想です。

そこで、ここではWebサイト上でよく使う言葉を3つピックアップして、その言い換え表現をまとめたいと思います。

 

Webサイトでよく使う言葉の言い換え表現

それでは、以下にWebサイトでよく使う言葉の言い換え表現を挙げていきます。

 

お知らせ

まず「お知らせ」という語は、サイトの情報が更新されたり変更があったりする場合や新しく始めるサービスを告知する時などによく使う言葉です。

「お知らせ」という言い方をせずに読者や顧客に対して伝えたいことを知らせる場合には、たとえば以下のような語を使うことができます。

  • 新着情報
  • インフォメーション
  • ニュース
  • ニュースリリース
  • ニュースレター
  • 告知
  • 予告
  • 注意

また、「~をお知らせします」のように文中で使用する時に他の言葉を使って言い換えたい時には以下のような言葉や表現を使うことが可能です。

  • ご案内:「来月開催するセールの日程をご案内いたします」
  • 通知:「サイトの内容が更新された時には通知を送信します」
  • 発表:「来月発売になる新製品のラインナップを発表します」
  • 報告:「近日中に新サービスを開始するので、そのご報告になります」

 

コンテンツ

次に、「コンテンツが充実しているサイト」などの表現で使われる「コンテンツ」という単語を別の言葉で言い換えたい場合には、以下のような言葉や表現を使用することができます。

  • 内容:「内容の充実したサイトは読者の満足度も高くなります」
  • 中身:「Webサイトは中身が重要です」「数を増やすよりも中身が濃いサイトを作ることを心掛けましょう」
  • 本文:「このサイトの本文は3,000文字程度です」
  • 記事:「そのサイトの記事は読んで役立つものが多い」
  • 情報:「このサイトの情報は自己責任でご利用ください」

 

窓口

読者や顧客からの問い合わせなどを受け付ける「窓口」という言葉があります。

何らかのサービスを提供するにあたって顧客をフォローしたり、購入後の製品に関する質問を受付けるところという意味で別の語を使って言い換えるには、以下のような言葉や表現を使用できます。

  • 連絡先:「当サイトの内容に関するご質問は以下の連絡先にて受付けております」
  • 会員サポート:「技術的なご質問は当社の会員サポートにて承ります」
  • サポートセンター:「購入後のお問い合わせはサポートセンターまでご連絡ください」
  • アフターサービス:「当社では製品を購入していただいたお客様への充実したアフターサービスを用意しています」
  • カスタマーサービス・カスタマーサポート:「お問い合わせや製品ご購入のご相談はカスタマーサービスにて承っております」

 

まとめ

以上、Webサイトでよく使う言葉を3つ挙げて、その言い換え表現についてまとめました。

「お知らせ」「コンテンツ」「窓口」といった語は、Webサイトの中でも登場することが多いですが、上記のような言葉や表現を使って、全体的な意味を変えずに他の言葉で言い換えることが可能です。

文章によって言いたいことのニュアンスは変わってくるかと思いますが、その内容に適した表現を選んで全体的に読みやすいバランスの取れた文章になるようにすると良いかと思います。

-言葉遣い・敬語

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.