言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

フリーランス

フリーランスが自宅で仕事をする時の騒音への対処法

投稿日:2016年8月3日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

自宅で仕事をする際に悩みとなることの一つに騒音があります。

 

私の住んでいる周辺は少し前まではそうでもありませんでしたが、ここしばらくの間に騒音が急に激しくなりました。

 

先月は熱中症にかかったりといったことで体調も不安定なこともあり、好ましくはない状態ではありますが、騒音対策としてはどんなことができるか考えてみました。

 

騒音対策

私がここしばらくの間気になっている騒音とそれに対する対策として適当だと思われることを紹介します。

 

生活音・建設工事による騒音

集合住宅に住んでいると上階や隣などからの騒音に悩まされることがあるかと思います。

 

私もマンションに住んでいるのでそういった状態で、たとえば深夜に子どもの叫び声がしたりドスドスと足音がしたり、動物の鳴き声やカーテンや窓の開閉音がしたりなど、いろいろな音が聞こえてきます。

 

また近くで建築工事が行われているので、その音や振動が気になることもあります。ただ工事であれば建物が完成までの間に限られますが、生活音のほうは期間限定と割り切ることが難しいです。

 

ただ逆をいえば足音が響きやすいという意味では、自分の生活音もどこかの部屋に響いているかもしれないともいえるのでお互い様ともいえます。

 

騒音への対処法

とはいえ、四六時中騒音が気になる状態を放っておくと仕事にならなくなりますし、体調にも支障をきたします。

 

とりあえず簡単にできる対処法として、以下のことを実践・検討しています。

 

ヘッドホンなどを付けて音楽を聴く

私は音楽を聞きながら仕事ができる(場合によってはそのほうが捗る)タイプなので、周囲の騒音に関わらず音楽を流していることもありましたが、騒音が気になる時はヘッドセットを付けて音楽をかけるようになりました。

 

ヘッドホンやイヤホンのほうが効果があるかと思いますが、ヘッドセットでも意外と外部の音が低減されて音楽と仕事に集中でき、周囲の音は気にならなくなってきました。手持ちのもので手軽に騒音へのイライラを低減できて助かっています。

 

防音用のイヤーマフを使う

私はこちらは使ったことはないのですが、「騒音」で検索して調べてみると防音用のイヤーマフは遮音性が高く騒音対策に効果的なようです。

 

ヘッドセットで足りない時にはこちらを使うことを検討してみたいと思います。

 

防音カーテンを使用する

音の種類(工事音などの低音にはあまり効果がない)や個人の感じ方によって違ってくるようですが、防音カーテンを使うことも手軽にできる防音対策としてよさそうです。

 

とにかく仕事に集中するように努める

騒音が気になるといっているときりがないところもあります。結局しなければいけないことがあることには違いがないので、仕事をするために意識を集中させるようにしています。

 

ただし騒音によるストレスが負担になっているところはあるので、体調管理をしっかりするということをより意識するようになりました。自分が騒音を出さないように気を付けるにしても、それに関して過剰に気にし過ぎずに常識的と思われる範囲で生活しようと思います。

 

まとめ

集合住宅に住んでいる場合、狭い範囲に密集しているような状態なので騒音の悩みはつきものになります。そして自宅で仕事をしようとするとさらに騒音が強く気になり出します。

 

ただ気になり出すとイライラしてしまいがちですが、集中力が削がれますし健康にもよくありませんので、適切な対処をしてそれでも足りない部分はなるべく気を逸らすようにするのがよいと思います。

-フリーランス

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.