言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

未分類

アドオンを使ってFirefoxでnofollow・noindexを簡単に確認する方法

投稿日:2018年11月27日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です>

自分が運営しているブログやサイトなどでnofollowやnoindexの設定をしているページを確認したい時があるかと思いますが、その際にはブラウザのアドオンを使うと便利です。

アドオンをインストールしておくと、Webページを閲覧している時にブラウザ上で簡単にそのページのNoindexやnofollowの設定を確認することができます。

私はFirefoxに「NoFollow」というアドオンをインストールして使っているので、ここでは「NoFollow」を使ってFirefoxでページのnoindex・nofollow設定を確認する方法を説明します。

 

アドオンをインストールしてFirefoxでnofollow・noindexを確認する方法

それでは、以下にFirefoxに「NoFollow」というアドオンをインストールして、ブラウザ上でnofollow・noindexを確認する方法を説明します。

 

アドオンをインストールする

ではアドオンのインストール方法から説明します。

まず、Firefoxで以下のページを表示します。

NoFollow

そして、以下の画面になったら「Firefoxへ追加」というボタンをクリックします。

Firefoxに「NoFollow」を追加する時の画面

すると「NoFollowを追加しますか?」とメッセージが表示されるので、「追加」をクリックします。

Firefoxに「NoFollow」を追加する時に表示される確認メッセージ

「NoFollow」がFirefoxに追加されました。」と表示されたら完了です。

Firefoxに「NoFollow」が追加された時のメッセージ

 

nofollow・noindexの確認方法

では次に、ブラウザ上でnofollow・noindexを確認する方法を説明します。

インストールが完了したら、設定状況を確認したいWebページを表示します。

すると、そのページがmetaタグでnoindex・nofollowの両方、もしくはどちらかが適用されていれば、以下のように画面の右下にポップアップが表示されます。

Webページのnofollow・noindexの設定状況を表示するボックス表示

このポップアップでnoindexやnofollowが適用されているかどうか確認できます。

たとえばnoindexが入っていてnofollowが入っていない状態の場合には以下のように表示されます。

そのページのnoindex・nofollowの状態を表示したボックス

またページ内のリンクにnofollowが設定されている場合には、その部分が赤い点線の枠で囲われて表示されます。

Webページにあるaタグにnofollowが設定されている時に表示される点線

 

オプション設定

「NoFollow」はインストールした後に、特別な設定などすることなくそのまま使用することができますが、オプション画面から設定をカスタマイズすることが可能です。

設定を変更したい場合には、ブラウザ右上にあるボタンをクリックします。

Firefoxの右上に表示される「NoFollow」のアイコン

「Options」をクリックします。

「NoFollow」のオプションを表示する時のメニュー表示

すると新しいタブで以下のようにオプション画面が表示されます。「NoFollow」オプションの「General」タブ

画面にはまず「General」というタブが表示され、以下の設定が可能になっています。

Default extention state for all webpages:(Exceptions Listに設定するページを除く)すべてのWebページで拡張機能を有効にする場合は「Enabled」、すべてのWebページで無効にする場合には「Disabled」を選択する

Extention button popup menu:メニューに「Close」という項目を追加する場合はチェックを入れる

Check for alternate robots meta tags:googlebot、bingbot、slurpのタグも確認する場合はチェックを入れる

また「Info Box」というタブでは以下の設定が可能です。

「NoFollow」オプションの「Info Box」タブ

Show Info Box:ページのnofollow・noindexを表示するボックスを「表示しない(Never)」、「常に表示する(Always)」「メタタグのどちらかが設定されている時だけ表示する(Conditional)」のいずれかから選択する

Info Box Position:ボックスの表示位置を「左上(top-left)」「右上(top-right)」「左下(bottom-left)」「右下(bottom-right)から選択する

Check for meta-robots tag with NoFollow content:meta tagにnofollowが設定されているいることをボックスに表示したい時にチェックを入れる

Check for meta-robots tag with NoIndex content:meta tagにnoindexが入っていることをボックスに表示したい時にチェックを入れる

Remember minimised state:ボックスをミニサイズにする場合、ブラウザを再起動した時にそれを記憶する場合はチェックを入れる

次に、「CSS Style」タブではブラウザ上に表示する枠線などの装飾を変更することができます。

「NoFollow」オプションの「CSS Styles」タブ

そして「Website Exceptions」では、「General」タブの「Default extention state for all webpages」で「Enable」(すべてのWebページでアドオンを有効にする)を選択にした場合に、例外として表示しないURLを設定することが可能です。(逆に「Disabled」を選択した場合には、表示したいページのURLを設定することができます)

「NoFollow」オプションの「Website Exceptions」タブ

 

まとめ

以上、Firefoxに「NoFollow」をインストールしてWebページnofollow・noindexを確認する方法をまとめました。

このアドオンを使うと、ブラウザを閲覧している時にそのページのnofollow・noindexの設定を簡単に確認することができます。

自分のブログやサイトの状況を簡単に把握することができるので、試してみてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.