言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

ネットバンキング

ネットバンキングを使ってクレジットカードの支払い遅れを防ぐ方法

投稿日:2017年8月5日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です>

私はクレジットカードを数枚持っていて、買い物をする場所などによって使い分けています。

クレジットカード自体は十数年程度は利用しているかと思いますが、その中には「口座に残高があると思い込んでいながら実際には残高不足で引き落としができなかった」という経験が何度かあります。

おそらくクレジットカードを使っている人ならば一度はこうした経験があるかと思いますが、今回の記事では、直近の私の経験を元に「インターネットバンキングを使って残高不足による支払いの遅れを防ぐ方法」について紹介したいと思います。

インターネットバンキングでクレジットカードの支払いを防ぐ方法

それでは、まずは口座振替の残高不足で引き落としができなかった時の私の体験談を紹介し、それを踏まえてネットバンキングを使って支払いの遅延を防ぐ方法を説明していきます。

 

ネットバンキングでクレジットカードの支払い遅れを最小限に抑えることができた体験談

数ヶ月前のクレジットカードの引き落とし日、他サービスの口座振替分と併せて事前に入金を済ませていた私は、残高があるはずだと思い込んでいて(しかし実際には残高が足りていなかった)、その日クレジットカードの引き落としがあることをほとんど意識することなく過ごしていました。

そして夜になってメールチェックをしていると、引き落としに使っている口座の銀行から「口座振替ができなかった」旨が書かれたメールがきていることに気付き驚愕します。

そのメールには、「口座振替処理ができなかったこと」と、「○時までに入金すれば当日中の引き落としに間に合う」ことが書かれていました。

つまり私はネットバンキングを利用していて、引き落としができなかった時にメールで通知を受けることができるサービスを使っていたのですが、残高不足で引き落としができないということはめったになく、このサービスを利用していること自体普段ほとんど意識することもありませんでした。

もし、この時すぐに通知メールに気が付いて入金していれば何の問題もなく事なきを得たところを、メールに気付いた時点ですでにその時間を過ぎてしまっていて当日中の引き落としには間に合いませんでした。

ただ、その時は次の日の朝一番でカード会社に連絡をしてその日中に支払いを済ませたため大事に至らずに済みましたが、結果的に当日中の引き落としには間に合わなかったとはいっても、引き落としができなかったことにすぐに気付いて対処することができたのはメールの存在があったからです。

もしメールチェックをもっと早く行っていればさらに早く対処ができたということを思うと、インターネットバンキングの便利さを改めて実感した出来事でした。

 

ネットバンキングの通知メール・再引き落としサービス

銀行にも依りますが、上記のように口座振替の日に残高が不足して引き落としができなかったという場合に、それをメールで通知してくれるサービスを利用できる場合があります。

さらにいうと、引き落としを1日に2回行っていて、1回目の振替で処理ができなかった場合でも、2回目の引き落とし時間までに入金をすれば当日中の引き落としが可能になるという場合もあります。

つまり、口座振替の日にもし残高が不足していて引き落としができなかったという場合には、まずそれを銀行がメールで通知してくれるので、メールを確認して2回目の引き落とし時間に間に合うように急いで入金をすれば、当日中の引き落としに間に合わせることができます。

口座振替で支払いをするサービスの中でも、特にクレジットカードの場合は「残高不足で引き落としができす、カード会社から連絡がくるまでそれに気付かなかった」となると信用に傷が付くことになりかねません。

そうしたことにならないように、インターネットバンキングのメール通知機能や、可能であれば再引き落としをしてくれるところを利用すると便利です。

 

メール通知・当日中の入金で再引き落としが可能な銀行

「メール通知」や「再引き落とし」が便利といっても、それではどの銀行でそれらのサービスを行っているかというところが問題ですが、大まかに調べたところでは、以下の銀行で対応しているようです。

メール通知再引き落とし対応
ジャパンネット銀行 ○
三菱東京UFJ銀行
(三菱東京UFJダイレクト)
イオン銀行
(口座振替結果通知)
じぶん銀行
セブン銀行 -

ただし、再引き落としについては収納先の企業によってできるかどうかが変わってくる場合もあるようです。

また「当日中に入金しても再引き落としを行わない振替についてはメール通知の対象外になる」といった例外もあるようなので、実際に自分が使っている銀行やサービスでどのような対応が可能になっているかは、事前に調べておくと良さそうです。

 

まとめ

以上、クレジットカードの引き落としにネットバンキングを使って支払いの遅れを防ぐ方法について紹介しました。

ネットバンキングは使い方に気を遣うというところもありますが、実際に利用してみると便利なところが多くあります。

今回挙げたような引き落とし結果のメール通知や再引き落としのサービスもそうですが、「引き落とし前に事前通知を受けられる」という場合もありますし、口座振替以外のところでは「振り込み入金があった時にメールで通知を受けられる」などのさまざまなサービスがあります。

必要に応じて、リスク管理を含めこうしたサービスを組み合わせて利用してみると良いかと思います。

-ネットバンキング

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.