言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

投稿日:2018年12月20日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「向こう見ず」という言葉は、「向こう見ずな性格」「向こう見ずに~する」などの形でよく使われています。

先のことを考えずに行動することについていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは、「向こう見ず」の意味と使い方、類義語・言い換え表現について説明します。

 

「向こう見ず」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

それでは、以下に「向こう見ず」の意味と使い方、類義語、言い換え表現について説明します。

 

意味

まず、「向こう見ず」には以下のような意味があります。

結果がどうなるかも考えないで行動すること。無鉄砲。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「向こう見ず」

つまり、「それを行った結果がどうなるかを考えることなく行動すること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「向こう見ず」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 向こう見ずな性格の彼は、台風が来ていてもお構いなしに自転車で出掛けていった」
  • 「彼は向こう見ずにも競合店のひしめく激戦区に店を出すことを決めた」
  • 「猛烈なスピードを出して走る彼の向こう見ずな運転に、同乗した友人はひやひやしっぱなしだった」
  • 「仕事のしかたについて上司から注意を受けるも納得がいかない彼は、仕事へのやる気をなくして向こう見ずにも退職を決めた」

ポイント

「向こう見ず」は、上記のようにある人が後のことを考えずに行動する様子についていう場合に「向こう見ずに~する」「向こう見ずな性格」などの形で使うことができます。

 

類義語・言い換え表現

次に、「向こう見ず」の類義語や言い換え表現について見ていきます

まず、「向こう見ず」と近い意味がある言葉には以下のようなものがあります。

無鉄砲’(むてっぽう)・無謀(むぼう)

そして「向こう見ず」のように、「ある人が結果がどうなるかをろくに考えずに行動すること」をいう場合には、上記の語を使って以下のような言い方をすることが可能です。

  • 「無鉄砲」:「彼は飲食業界の経験もないのに開業を計画するとは、なんて無鉄砲なやつだ」
    (≒「彼は飲食業界の経験もないのに開業を計画するなんて彼も向こう見ずな男だ」)
  • 「無謀」:「交差点で赤信号に突っ込んでいくなどの無謀な運転がいかに危険なものかを彼はよく分かっていた」
    (≒「交差点で赤信号に突っ込んでいくなどの向こう見ずな運転がいかに危険なものかを彼はよく分かっていた」)

ポイント

「無鉄砲」は「前後を考えない常識はずれな行動すること」、

「無謀」は「先のことをよく考えないで行動すること、乱暴な行動をすること」をいい、

これらの語を使って「向こう見ず」同じような意味のことを述べることが可能です。

 

まとめ

以上、「向こう見ず」の意味と使い方、類義語、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「先のことを考えずに行動すること」をいい、ある人物が後でどうなるかを考えずに物事を行う様子についていう場合に、「向こう見ずにも~する」「向こう見ずな人」といった形で使うことができます。

また類義語には「無鉄砲」「無謀」といった語があり、それらの語を「向こう見ず」と置き換えて同じような内容のことを述べることが可能です。

これらの語は結果を顧みずに無茶な行動を取ることについていうことができますが、それぞれニュアンスが異なるため、適度に使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.