言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

レンタルサーバー

Mixhostに変えた理由と実際に使ってみて良かった点

投稿日:2017年12月10日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です>

このブログは9月下旬に常時SSL化しましたが、そのためにサーバーをミニバードからMixhostに変えました。

そして、今はサーバーを変更してから丸二ヶ月が経過し、問題なく利用しています。

そこで、ここではMixhostを使い始めた理由と実際に使ってみて良かったと感じた点について書いてみたいと思います。

 

Mixhostを使い始めた理由

それでは、まずは「Mixhost」を使い始めた理由を紹介します。

 

Mixhostを使ってみた理由

8月くらいに「2017年10月からSSL化していないサイトには警告を表示する」というお知らせをGoogleより受けました。

以前からいずれSSL化しないといけないと漠然とは思いながらも、それまで使っていたミニバードは無料でのSSLに対応していないこともあって先延ばしにしていたのが、ここにきて一気に切実な問題となりました。

しかしミニバードは8月に新しくリリースした「スターサーバー」というサービスに統合される予定になっており、「スターサーバー」では無料SSLが使えることになっていたので、サーバーが移行完了してからSSL化をしようと、それまで待つつもりでいました。

ですが、しばらく待ってみてもミニバードからスターサーバーへの移行が完了しないまま、ついに9月下旬になります。このまま待っているだけで10月に入ってしまうと困るということで、急遽サーバーを移転することに決めました。

そこで悩んだのが移転後のサーバーをどこにするかですが、最初に候補に上がっていたのは定番ともいえる「エックスサーバー」です。

エックスサーバーについては、まず無料SSLに対応していること、また「高い安定性」「自動バックアップに対応している」「月単位でのプラン変更が可能」「一番安いプランでもMySQL50個まで使える」など、評判の高さもさることながら臨機応変な対応ができるということで、ほとんどエックスサーバーにしようと決めかけていました。

ですが、いろいろと調べている中でMixhostについてのレビューが目に留まりました。

私自身はMixhostについてその時初めて知ったのですが、最初に読んだレビューでかなり絶賛されていたので他にも検索して読んでみました。

すべてが良いものばかりというわけではありませんでしたが、総体的には良い評判が多かったです。

そこでMixhostの機能やプランを見てみて、個人的に以下のような点に興味を引かれました。

  • 無料SSL
  • 遠隔バックアップに対応
  • 全サーバーにSSDを採用
  • 初期費用無料・プランは月480円~(12/15追記 月額480円~の「エコノミープラン」は現在新規での申し込みは受け付けておらず、月額880円~の「スタンダードプラン」が最も安いプランとなっています)
  • 30日間までの無料お試し期間がある
  • 即時のプラン変更が可能(ただし上位プランへは差額料金の支払いが必要。下位プランへの変更時は差額分が次回以降の支払いに充当できる)
  • MySQL無制限

もともと希望していた機能に対応していることに加えて、「SSDを採用している」「無料でのお試し期間が30日間」「初期費用無料」「アクセス数に応じてプラン変更が自由にできる」など魅力的な点が多くあり、Mixhostへの移転に踏み切ることにしました。

 

Mixhostに変えて良かった点

では次に、Mixhostに変えてから、実際に使ってみて良かった点を挙げていきます。

 

サポート対応

Mixhostは利用ガイドが用意されていて他サーバーからの移転手順なども分かりやすく説明されていますが、サイトからメールでのサポートを受けることが可能です。

何かトラブルがあると慌ててしまうこともありますが、しっかりとしたサポートがあると安心できます。

私はサーバーにずっとミニバードを利用してきたので、今回初めてサーバー移転&SSL化の作業を行ったのですが、移転の手順はあらかじめ調べておき万全といえる状態にしておきました。

しかしながら、作業は予定していた手順通り行っても予想外のことが起こることはあり得ます。

今回運営しているブログ計3つの移転作業を行いましたが、まずそのうちの最初に移転したブログはトラブルなく移転作業とSSL化まで完了させることができました。

しかしこのまますべてすんなりと終わるかと思いきや、次に移行したブログが403エラーで表示されないという事態に陥りました。

自分で調べてできることは試しつつ、Mixhostのサポートに問い合わせをしたところ、遅い時間に問い合わせたので返信があるのは早くても翌日になるかと思っていましたが、数時間後には「調査をします」という旨の返信をいただきました。

また、詳しい状況を返信すると、調査をして的確な回答・対処をしていただき、1~2日後には無事にサイトが表示されるようになりました。まさにサポート対応のありがたみを実感した瞬間です。

 

遠隔バックアップ

上述したように、Mixhostは遠隔地にあるデータセンターに毎日自動でバックアップを取っています。

さらには、データの復元もcPanelから無料で簡単に行えるようになっています。

それまではプラグインを使って定期的にバックアップを取っていましたが、サーバー側で自動バックアップを取得して保管していると何かの時にも安心できますし、復元が簡単に行えればすぐに対処をすることができます。

とはいえバックアップが役立つことは滅多に起こることではないと思っていましたが、思っていたよりもすぐにそれが役立つ機会が訪れました。

先月くらいにこのブログのテーマ(「Luxeritas」)をバージョンアップしようとしたところ、完了後に全体的に体裁が大きく崩れてしまうという事態が起こりました。

焦りながらもFTPを使って一旦新バージョンを削除して古いバージョンを再度インストールしてみましたが、それでも表示が変わらず、血の気の引く思いをしながらも、Mixhostの自動バックアップがあることを思い出してコントロールパネルから復元を試みました。

ちなみに、この復元の作業は特に申請などが必要なわけではなく、cPanelパネルにログインしていつでも行うことが可能です。

そして、個別にファイルやフォルダを選択して復元することができるので、この時にはアップロードをする直前の「Luxeritas」フォルダを選択して復元しました。

そうすると、復元後に画面の体裁を無事に元の状態に戻すことができました。

しかし、この後ほっと一安心したのは良いものの、サイトのメンテナンス状態を解除するのを忘れてしまい、必要もなくその後も1時間程度サイトが表示できない状態になっていたという抜かりがありましたが、自動バックアップがあることやそこから簡単に復元ができるということが、実際的に役立つということを実感しました。

 

まとめ

以上、Mixhostに変えた理由と使ってみて良かった点を紹介しました。

Mixhostは機能性の高さも十分で、状況に応じてプラン変更がいつでも可能なところも使い勝手が良いといえますが、それに加えてサポートや自動バックアップなど何かの時にも安心できるというところで使って良かったと感じています。

お試し期間も一般的なレンタルサーバーよりも長く30日間あるので、サーバーの移転を考えている場合にはまずは試してみると良いかもしれません。

-レンタルサーバー

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.