言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「魅惑」の意味と使い方・例文・「魅力」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「魅惑」(読み方:「みわく」)という言葉は、「~を魅惑する」「魅惑の~」などの形でよく用いられています。

美しい女性についていう場合などに使われることの多い語ではありますが、似通っていて混同しやすい「魅力」という語とは具体的にどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「魅惑」の意味と使い方、また「魅力」との違いを説明していきます。

 

「魅惑」の意味と使い方・例文・「魅力」との違い

それでは、以下に「魅惑」の意味と使い方、また「魅力」との違いを説明します。

 

意味

まず、「魅惑」には以下のような意味があります。

魅力で人をひきつけまどわすこと。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「魅惑」

つまり、「ある物事の持つ魅力が人の分別を失わせること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「魅惑」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「まだあどけなさが残りながらも色気を感じさせる顔立ちの彼女は、明るく奔放な振る舞いで男性たちを魅惑する小悪魔のような少女だった」
  • 「体のラインを美しく強調するロングドレスを纏った色っぽい雰囲気の彼女に、彼は魅惑されることしきりだった」
  • 「それは聴いている人々を魅惑するような鮮やかでよく通る美しい歌声だった」
  • 「ダイヤモンドを贅沢にちりばめたそのリングの魅惑的な美しさに女性たちは目を奪われた」

 

「魅力」との違い

次に、似た意味のある「魅力」という語との違いについて見ていきます。

まず、「魅力」には以下の意味があります。

人の心をひきつけ、夢中にさせてしまう力。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「魅力」

そして、これらの語と「魅惑」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「魅力」:「彼女は最近イタリア料理の魅力にとりつかれて、パスタやピザ生地から自分で手作りしている」(彼女は最近イタリア料理に引きつけられて夢中になり、パスタやピザ生地から自分で手作りしている)
  • 「魅惑」:「その旅行ではフランス各地のワイナリーを巡り、複雑な香りと味わいのある魅惑的なワインを満喫することができた」(その旅行ではフランス各地のワイナリーを巡り、複雑な香りと味わいがあり、人の心を乱す魅力を持つワインを堪能した)

つまり、「魅力」は「ある物事が人の心を引きつけてその物事に熱中させる力」のことをいい、「魅惑」は「ある物事の持つ魅力が人を惑わせること」を表すという、ニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「魅惑」の意味と使い方、「魅力」との違いについてまとめました。

この言葉は「ある物事の魅力が人を引きつけて惑わすこと」を表し、物事の魅力で人の心が乱される、誘惑されることについていう場合に「~に魅惑される」「魅惑の~」といった形で用いられています。

また「魅力」については「ある物事が人を引きつけて夢中にさせる力」をいい、人の心を奪ってその物事に熱中した状態にさせることをいう場合に、「魅力のある~」「~の魅力がある」といった形で用います。

そのため、たとえば、その物の魅力的で人の心の正常な判断を奪う物事についていう場合には「魅惑」、単に人の心を引きつけてそれに熱中させるような物事についていう場合には「魅力」というように使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.