言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

言葉・単語の意味

「目を細める」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

投稿日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「目を細める」は、可愛いらしいものなどを傍から見て微笑ましいと感じる光景を目にした時に、「~を見て目を細める」「目を細めて~を見る」などの形でよく使われている表現です。

とはいえ、具体的にはどのようなことを表すのか、また他に近い意味の言い方にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「目を細める」の意味と使い方、類義語にあたる表現について説明していきます。

 

「目を細める」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「目を細める」の意味と使い方、また類義語について説明します。

 

意味

まず、「目を細める」には以下のような意味があります。

うれしさや目にするものの愛らしさなどに誘われてほほえみを浮かべる。

出典:精選版 日本国語辞典(発行所 株式会社小学館)「めを細(ほそ)くする[=細(ほそ)める]」

つまり、「嬉しい感情や愛らしい物を目にしたことなどによって嬉しそうにわずかに笑うこと」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「目を細める」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「腕白ぶりに手を焼きながらも、彼は目を細めて元気に遊んでいる子どもたちを見ていた」
  • 「窓辺から降り注ぐ陽光を浴びながらいかにも気持ちよさそうに眠っている猫の姿に、彼女は思わず目を細めた」
  • 「孫たちが公園を駆け回って無邪気に遊ぶ姿を、彼は傍から目を細めて見守っていた」
  • 「銀婚式を迎えても今だに新婚当初と変わらず仲睦まじい二人に周囲は目を細めた」

 

類義語

次に、「目を細める」の類義語について見ていきます。

この言葉と似た意味のある語には、以下のようなものが挙げられます。

 

顔が綻びる(かおがほころびる)

まず、「顔が綻びる」という表現ですが、その中の「綻びる」には以下の意味があります。

かたかった表情がやわらぐ。笑顔になる。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「綻びる」③

つまり、「顔が綻びる」は「緊張などで顔がこわばっていた状態が和らぐ、笑顔になる」ことをいい、以下のように用いることができます。

  • 「不安と緊張を抱えて検査の結果が出るのを待っていたが、特に異常がないと分かり思わず顔が綻びた」
  • 「面接で質問にうまく答えられずに落ち込んでいたが、思いがけず採用の連絡を受けて顔が綻びた」

 

笑みが零れる(えみがこぼれる)

次に、「笑みが零れる」の「零れる」には以下の意味があります。

内に抑えていた感情や美質が、あふれるようにして表に現れる。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「零れる」③

つまり、「笑みが零れる」は「心の中に抑えていた感情が溢れるほどいっぱいになって笑みを浮かべる」ことをいい、以下のように用います。

  • 「念願だった学年トップの成績に立つことができた時には、思わず笑みが零れるのを抑えきれなかった」
  • 「彼と別れた後もその日の楽しかったデートを振り返ると自然と笑みが零れた」

 

まとめ

以上、「目を細める」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「嬉しいことや目にするものの愛らしさなどに誘われてわずかに笑うこと」をいい、子供などの愛らしい姿を見て優しいまなざしで微笑むことをいう場合に「~を見て目を細める」などの形で用いられています。

また近い意味の語に「顔が綻びる」「笑顔が零れる」といった言い方がありますが、「顔が綻びる」はそれまで緊張などによって固くなっていた表情が和らぐこと、「笑顔が零れる」は心の中に抑えていた嬉しい感情などが溢れるようにして笑みを浮かべることをいいます。

これらの表現は、いずれも何かのきっかけで笑顔になる、微笑むことをいいますが、微妙に用いる場面が異なるため、適度な形で使い分けることができます。

関連コンテンツ

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.