言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「まことしやか」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

投稿日:2018年12月17日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「まことしやか」(漢字:「実しやか」)という言葉は、「まことしやかにささやかれる」などの形でよく使われています。

実際にはそうではないことをさも本当のことのように言う様子についていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは、「まことしやか」の意味と使い方、類義語について説明します。

 

「まことしやか」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「まことしやか」の意味と使い方、類義語について説明します。

 

意味

まず、「まことしやか」には以下のような意味があります。

いかにも本当らしく言うさま。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「まことしやか」

つまり、「ある物事についてそれが本当であるかのように言う様子」のことをいう語となっています。

 

使い方・例文

次に、「まことしやか」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼はまだ一社も内定をもらっていなかったが、友人たちには『有名企業から内定が出たが辞退した』とまことしやかな嘘をついていた」
  • 「一部の人の間では、その月に巨大地震が起こるという噂がまことしやかにささやかれていた」
  • 「契約を変えると料金が今よりも安くなるという営業マンのまことしやかな説明に危うく乗せられてしまうところだった」
  • 「その子は喧嘩の原因を相手が自分のおもちゃを取ったからだと言い張ってまことしやかに涙を流した」

ポイント

「まことしやか」は、上記のようにそれが事実ではないのにもかかわらず本当のように相手に感じさせるように話すことについていう場合に、「まことしやかにささやかれる」「まことしやかな嘘」などの形で使うことができます。

 

類義語

次に、「まことしやか」の類義語について見ていきます

まず、「まことしやか」と近い意味がある表現には以下のようなものがあります。

いかにも本当らしく・さも本当のように

そして「まことしやか」のように、「実際にはそうでないのにそれが本当かのように言うこと」をいう場合には、上記の語を使って以下のような言い方をすることが可能です。

  • 「いかにも本当らしく」:「彼女は街でよくスカウトに合うがいつも断っているという話をいかにも本当らしく語ってていた」
    (≒「彼女は街でよくスカウトに合うがいつも断っているという話をまことしやかに語ってていた」)
  • 「さも本当らしく」:「彼は一流大学を出て有名企業に就職したのだという経歴をさも本当のように語っていた」
    (≒「彼は一流大学を出て有名企業に就職したのだという経歴をまことしやかに語っていた」)

ポイント

「いかにも」は「さも」は「実に」といった意味があり、「いかにも本当らしく」「さも本当のように」という言い方で「まことしやか」とほぼ同じ内容のことを述べることができます。

 

まとめ

以上、「まことしやか」の意味と使い方、類義語、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「実際にはそうでないことを本当かのように言う様子」をいい、嘘などをさもそれが実際のことであるかのように話すことについていう場合に、「まことしやかに言う」「まことしやかな噂」といった形で使われています。

また近い意味の表現としては「いかにも本当らしく」「さも本当のように」といったものがあり、それらの語を「まことしやか」と置き換えて同じような内容のことを述べることが可能です。

これらの語は、それぞれ事実ではないことをそれらしく話すことについて言う場合に使うことができるので、場面に応じて適度に使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.