「郷愁」の意味と使い方・例文・類義語まとめ

直近24時間の人気記事

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「郷愁」(読み方:「きょうしゅう」)という言葉は、「郷愁にふける」「郷愁に浸る」などの形でよく用いられています。

さまざまな場面で比較的目にすることの多い語ではありますが、この言葉が具体的にどのようなことを表すのか、また同じような意味の語には他にどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「郷愁」の意味と使い方、類義語について説明していきます。

 

スポンサーリンク

「郷愁」の意味と使い方・例文・類義語

それでは、以下に「郷愁」の意味と使い方、また類義語との違いを説明します。

 

意味

まず、「郷愁」には以下のような意味があります。

ふるさとをなつかしく思う気持ち。また、過去のものや失われたものをなつかしく思う気持ち。ノスタルジア。

出典:明鏡国語辞典「郷愁」

つまり、「生まれ育った土地、また過去のものや失われたものを思い出して心が引かれる気持ち」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「郷愁」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「多少の不便があっても人や町に活気があった古きよき時代の郷愁にひたる」
  • 「慣れない都会生活の中で、何かにつけて故郷のことを思い出しては郷愁にふける」
  • 「都会の騒々しさは何かと郷愁をかきたてる」
  • 「燃えるような美しい夕焼け空は郷愁をそそるものがある」

 

類義語

では次に、「郷愁」の類義語について見ていきます。

この言葉と似た意味のある語には、以下の「ノスタルジア」「懐古」といったものが挙げられます。

 

ノスタルジア

まず、「ノスタルジア」には以下の意味があります。

異郷にあって離れた故郷を懐かしむ気持ち。また、過ぎ去った昔を懐かしむ気持ち。郷愁。ノスタルジー。

出典:明鏡国語辞典「ノスタルジア」

つまり、「外国などの故郷を遠く離れた場所にいて、故郷や過ぎた昔のことを懐かしむ気持ち」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「遠い異国で暮らしていると、ふとした瞬間にノスタルジアをかきたてられる」
  • 「ただ同じような毎日を繰り返すだけの生活にノスタルジアを覚える」

 

懐古(かいこ)

次に、「懐古」には以下の意味があります。

昔のことをしのび、懐かしく思うこと。懐旧。

出典:明鏡国語辞典「懐古」

つまり、「昔のことに思いを馳せて懐かしむこと」を表し、たとえば以下のように用います。

  • 「時々こうして学生時代の写真を見ては懐古の情に浸っている」
  • 「たまには昔の仲間と集まって懐古話に花を咲かせるのも良いものだ」

 

まとめ

以上、「郷愁」の意味と使い方、類義語についてまとめました。

この言葉は「故郷から離れている人が故郷のことを懐かしく思う気持ちや、過去の(古い)もの、失ったものを懐かしく思う気持ち」を表し、「郷愁をかきたてる」「郷愁をそそる」(ある物事がそうした気持ちを起こさせる)「郷愁に浸る」(懐かしく思う気持ちに浸る)などの形で用いられています。

また似た意味の語として「ノスタルジア」「懐古」といった語がありますが、「ノスタルジア」は「離れた故郷や昔のことを懐かしむ気持ち」を表し、「郷愁」と同じようなニュアンスがあります。

そして「懐古」は昔のことに思いを馳せ懐かしむことを表し、「郷愁」「ノスタルジア」とは違った形で用いることができるため、それぞれ場面に応じて使い分けると良さそうです。