言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「克服」の意味と使い方・例文・「解決」「改善」との違いまとめ

投稿日:2017年11月5日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「克服」(読み方:「こくふく」)という言葉は、「~を克服する」という形でよく用いられています。

さまざまな場面でよく用いられる言葉ですが、たとえば「解決」「改善」といった近い意味のある語とは具体的にどのような違いがあるのかと疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「克服」の意味と使い方、また「解決」「改善」と比較してそれぞれの違いを説明していきます。

 

「克服」の意味と使い方・例文・「解決」「改善」との違い

それでは、以下に「克服」の意味と使い方、また「解決」「改善」との違いを説明します。

 

意味

まず、「克服」には「努力して打ち勝つこと」という意味があり、「力を尽くして困難な状況を乗り越えること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「克服」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼は模試の結果から自身の弱点を分析し、苦手科目を克服した」
  • 「顧客の満足度を高めてリピーターを増やし立地条件の悪さを克服する」
  • 「彼はプレッシャーを克服して見事入賞を果たした」
  • 「喫煙衝動を克服して禁煙に成功する」

 

「解決」「改善」との違い

では次に、似た意味を表す「解決」「改善」という語との違いについて見ていきます。

まず、「解決」には「事件や問題などをうまく処理すること」、「改善」には「悪いところを良い方向に改めること」といった意味があります。

そして、これらの語と「克服」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「解決」:「家事に非協力的な夫に対する不満を穏便に話し合って解決する」(家事に非協力的な夫に対する不満を穏便に話し合って処理する)
  • 「改善」:「待遇に不満を感じ、上司に改善を申し出る」(待遇に不満を感じ、悪い点を良い方向に変えてもうらうよう上司に申し出る)
  • 「克服」:「彼は苦手意識や緊張を克服してプレゼンテーションスキルを伸ばしていった」(彼は努力して苦手意識や緊張を乗り越えてプレゼンテーションスキルを伸ばしていった)

つまり、「解決」は「適切に事件や問題などの始末を付けること」、「改善」は「物事の悪い面を良い方向に変えること」、「克服」は「努力をして悩みや解決が難しい状況を乗り越えること」を表すという違いがあります。

【関連記事】:「刷新」の意味と使い方・例文・「一新」「改善」との違いまとめ

 

まとめ

以上、「克服」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、「努力して困難を乗り越えること」を表し、主に自身の抱えている弱点や良くない習慣などを努力して越えることについて述べる場合に用いることができます。

また、「解決」は直面している問題や事件などをうまく片付けること、「改善」は物事の悪い部分を良い方向に変えていくことを表します。

それぞれ似た意味があるように思えても表していることは明確に違いがあるため、たとえば「自分で努力して何かを乗り越えることで問題となっていることを解決した」場合には「克服」、単に「問題をうまく片付ける」というニュアンスであれば「解決」、「物事の中の悪いところを良いように変える」場合には「改善」と、適当に使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.