「生粋」の意味と使い方・例文・「純粋」との違いまとめ

直近24時間の人気記事

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「生粋」(読み方:「きっすい」)という言葉は、「生粋の~」といった形でよく用いられています。

概ね意味は分かるという人が大半かと思いますが、具体的にこの言葉がどのようなことを表しているのか、また似た意味のある「純粋」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「生粋」の意味と使い方、また「純粋」との違いを説明していきます。

 

スポンサーリンク

「生粋」の意味と使い方・例文・「純粋」との違い

それでは、以下に「生粋」の意味と使い方、また「純粋」との違いを説明します。

 

意味

まず、「生粋」には以下のような意味があります。

混じり気がまったくないこと。

出典:明鏡国語辞典「生粋」

つまり、「他の種類や性質のものが混じっていないこと」(ただし人の出身などについていう場合に用いる)を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「生粋」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼は祖父の代から3代続く生粋の江戸っ子だ」
  • 「彼女は良家に生まれた生粋のお嬢様で、ただそこに立っているだけでもどこか清らかで品のある雰囲気が感じられる」
  • 「生粋の職人が繊細な手作業で一つ一つの工程を丁寧に仕上げていく職人芸を息を詰めて見守る」
  • 「関東出身者は、たとえ関西で暮らすようになっても生粋の大阪人と比べイントネーションに違いが出てしまうものだ」

 

「純粋」との違い

では次に、似た意味のある「純粋」という語との違いについて見ていきます。

まず、この言葉には以下の意味があります。

ほかのものがまじっていないこと。

出典:明鏡国語辞典「純粋」①

そして、この語と「生粋」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「純粋」:「彼が飼っている犬は純粋な秋田犬だ」(彼が飼っている犬は他の犬種の血が混じっていない秋田犬だ)
  • 「生粋」:「彼の奥さんは生粋のイギリス人だ」(彼の奥さんはイギリスで生まれ育ったイギリス人だ)

つまり、「純粋」は「(ある物体に)種類の違うものが混じっていないこと」、「生粋」は「(人の出身などについて)他のものが混じっていないこと」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「生粋」の意味と使い方、「純粋」との違いについてまとめました。

この言葉は「他のものが混じっていないこと」を表し、主に人の出身や出自についていう場合に「生粋のイギリス人」「生粋の江戸っ子」などの形で用います。

また「純粋」も定義としては同じような意味となっていますが、この場合はある物体に他の種類のものが混じっていないことを表すものとなり、人の生まれや育ちについていう場合に用いる「生粋」とは異なります。

そのため、場面によって両者を適度に使い分けることができます。