言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「帰路」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現まとめ

投稿日:2019年1月2日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「帰路」(読み方:「きろ」)という言葉は、「帰途に就く」「帰路を急ぐ」などの形でよく使われています。

ある場所から自宅などに帰ることについていう時に使う言葉ですが、具体的にはどのような使い方をするのか、また他の言葉で言い換えるにはどのような言い方をすることができるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは、「帰路」の意味と使い方、類義語・言い換え表現について説明します。

 

「帰路」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

それでは、以下に「帰路」の意味と使い方、類義語、言い換え表現について説明します。

 

意味

まず、「帰路」には以下のような意味があります。

ある場所からの帰り道。帰る途中。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「帰路」

つまり、「ある場所から帰るまでの道や帰るまでの間」のことをいう語となっています。

 

使い方・例文

次に、「帰路」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「すっかり日も暮れて外が暗くなってきたので、帰路に就く方々はくれぐれもお気を付けください」
  • 「仕事終わりに一杯やって帰ろうかと思ったが、雨が降ってくる前に帰路を急ぐことにした」
  • 「台風が近づいているとのことなので、どうぞ帰路お気をつけください」
  • 「彼は子供の誕生日を祝うために、仕事を早々に終わらせて足早に帰路に就いた」

ポイント

「帰路」は、上記のように家に帰る道や帰るまでの間についていう場合に「帰路に就く」「帰路を急ぐ」などの形で使うことができます。

 

類義語・言い換え表現

次に、「帰路」の類義語や言い換え表現について見ていきます

まず、「帰路」と近い意味がある言葉には以下のようなものがあります。

帰途・帰り道・帰宅

そして「帰路」のように、「ある場所から帰る」ことをいう場合には、上記の語を使って以下のような言い方をすることが可能です。

  • 「帰途」:「彼はその日寄り道をすることなく真っ直ぐに帰途に就いた」
    (≒「彼はその日寄り道をすることなく真っ直ぐに帰路に就いた」)
  • 「帰り道」:「仕事が終わった後は真っ直ぐに帰るつもりだったが、帰り道で友人とばったり会いそのまま飲みに行くことにした」
    (≒「仕事が終わった後は真っ直ぐに帰るつもりだったが、帰路で友人とばったり会いそのまま飲みに行くことにした」)
  • 「帰宅」:「彼は普段電車通勤だが、その日は健康のために一駅歩いて帰宅した」
    (≒「彼は普段電車通勤だが、その日は健康のために帰路を一駅歩いて帰った」)

ポイント

「帰路」は「帰り道」、

「帰り道」は「帰る道や帰る途中」、

「帰宅」は「家に帰ること」をいい、

これらの語を使って「帰途」と同じような意味のことを述べることができます。

 

まとめ

以上、「帰路」の意味と使い方、類義語、言い換え表現についてまとめました。

この言葉は「ある場所から帰る道」「帰るまでの間」をいい、外出先から帰ることについていう場合に「帰路に就く」「帰路を急ぐ」といった形で使われています。

また類義語には「帰途」「帰り道」「帰宅」といった語があり、それらの語を「帰路」と置き換えて同じような内容のことを述べることが可能です。

これらの語はニュアンスが異なりますが、いずれもどこかから家に帰ることについていうことができるので、適度に使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.