言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「気概」の意味と使い方・例文・「気迫」「気骨」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「気概」(読み方:「きがい」)という言葉は、「気概に溢れる」「気概がある」などの形でよく用いられています。

ビジネスの場面を含め比較的よく用いられる言葉ではありますが、具体的にどのようなことを表すのか、また「気迫」「気骨」といった近い意味がある語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「気概」の意味と使い方、また「気迫」「気骨」との違いについて説明していきます。

 

「気概」の意味と使い方・例文・「気迫」「気骨」との違い

それでは、以下に「気概」の意味と使い方、また「気迫」「気骨」との違いを説明します。

 

意味

まず、「気概」には「困難に屈しない強い意志」という意味があり、「難しい、苦しい状況にあってもそれに負けずに何かを行おうとする強い気持ち」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「気概」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「彼には必ず事業を成し遂げるという気概がある」
  • 「今時の若者は気概に乏しく何でもやる前からすぐに諦める」
  • 「彼は司法試験に合格し、将来は弁護士になるという気概に溢れていた」
  • 「その時の彼には、リスクを伴ってまで転職をするだけの気概はなかった」

 

「気迫」「気骨」との違い

では次に、似た意味を表す「気迫」「気骨」という語との違いについて見ていきます。

まず、「気迫」には「屈することなく物事に立ち向かっていく強い精神力」といった意味があり、「気骨」は「信念を貫こうとする強い心」を表す語となっています。

そして、これらの語と「気概」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「気迫」:「その剣道の試合は気迫のこもったまさに真剣勝負だった」(その剣道の試合は、相手に立ち向かっていく強い精神力が込められた真剣勝負だった)
  • 「気骨」:「彼は決して時流や流行には流れない気骨のある人物だ」(彼は決して時代の風潮や流行に流されることなく、自分の信念を貫こうとする強い心を持った人物だ)
  • 「気概」:「必ずこの仕事を成し遂げるという気概に溢れる」(必ずこの仕事を成し遂げるという溢れんばかりの強い意志がある)

つまり、「気迫」は「何かにくじけることなく物事に正面から向かっていく強い意志」、「気骨」は「自分の信念を貫く、曲げない強い心」、「気概」は「困難に負けることなく何かを行おうという強い気持ち」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「気概」の意味と使い方、「気迫」「気骨」との違いについてまとめました。

この言葉は、「困難に屈しない強い意志」を表し、難しい状況にあっても心がくじけることなく行動を起こそうとする強い意志を表します。

それに対して、「気迫」は物事に立ち向かう強い意志を表し、試合や勝負、演技、仕事など何かを真剣に行う様子について述べる場合に用いることができます。

また、「気骨」は「信念を貫こうとする強い心」、つまり自分が正しいと信じることを貫く強い気持ちを表します。

それぞれ似たところがありますが、微妙に異なる意味があるため、それぞれ適した場面でうまく使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.