言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「顕著」の意味と使い方・例文・「如実」「著名」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「顕著」(読み方:「けんちょ」)という言葉は、たとえば「顕著に表れる」「顕著な傾向」などの形で用いられています。

特に使いづらい言葉ではありませんが、この語と比較されることが多い「如実」「著名」という語とはどのような違いがあるのか、ここではこの言葉の基本的な意味と使い方、また「如実」「著名」との違いを説明していきます。

 

「顕著」の意味と使い方・例文・「如実」「著名」との違い

それでは、以下に「顕著」の意味と使い方、また「如実」「著名」との違いを説明します。

 

意味

まず、「顕著」には「際立って目につくさま」という意味があり、「他との区別がはっきりとしていて目立つ様子、誰の目から見てもそのことが明らかではっきりとあらわれている様子」を表します。

ちなみに、「顕著」の「著」には「著しいこと、目立つこと」、「顕」には「明らかなこと、はっきりしていること」という意味があります。

 

使い方・例文

では次に、「顕著」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「食事制限を継続することによって、症状に顕著な改善が見られた」
  • 「毎日1時間の勉強を続けたところ、数カ月後には語学力に顕著な向上が見られた」
  • 「その学習法を実践した結果、試験の点数に顕著な伸びが見られた」
  • 「彼は優秀な人材だったが、他のスタッフとの能力の差があまりにも顕著なため、彼らの間に不協和音が生じていた」

 

「如実」「著名」との違い

ここからは、似た意味を表す「如実」「著名」という語との違いについて見ていきます。

まず、「如実」には「実際の通りであること」、「著名」は「世間によく名の知られていること」を表します。

そして、これらの語と「顕著」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「如実」:「その本は当時の状況を如実に描いている」(その本は当時の状況をありのままに描いている)
  • 「著名」:「彼は今ではベストセラー作品を連発する著名な作家だ」(彼は今ではベストセラーを次々と出す有名な作家だ)
  • 「顕著」:「マニュアルの整備・スタッフの増員を行ってから、売上には顕著な伸びが見られた」(マニュアルの整備やスタッフの増員を行ってから明らかに売上が伸びた)

つまり、「如実」は「ありのまま」、「著名」は「世間にその名が知られていること、つまり有名であること」、「顕著」は「誰の目から見ても確かで明らかな様子」を表すという違いがあります。

 

まとめ

以上、「顕著」の意味と使い方、「如実」「著名」の違いについてまとめました。

これらの3つの語のうち「顕著」と「著名」には「著」という字が共通していますが、この字には「著しいこと、目立つこと」といった意味があります。

そして、「明らかなこと」を意味する「顕」と組み合わせた「顕著」は「誰の目にも分かるほど明らかな様子」を表し、「著名」は文字通りに「名前が知られていること」を表します。

これに対して「如実」は「事実の通りであること、ありのまま」を表し、その物事が事実の通りであることを述べる場合に用います。

それぞれ異なる場面で用いることができるため、意識して使い分けるようにすると良いと思います。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.