言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

言葉・単語の意味

「見解」の意味と使い方・例文・「意見」「見方」との違いまとめ

投稿日:2017年5月29日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

「見解」(読み方:「けんかい」)という言葉は、「見解を述べる」「見解が一致する」などの形で用いられています。

ある事柄についての考え方を示す時に使われる語ですが、具体的にはどのような時に使うことができるのか、また似た意味のある「意見」「見方」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「見解」の意味と使い方、「意見」「見方」との違いについて説明します。

 

「見解」の意味と使い方・「意見」「見方」との違い

それでは、以下に「見解」の意味と使い方、また「意見」「見方」との違いを説明していきます。

 

意味

まず、「見解」には以下の意味があります。

物事についての見かたや考え方。意見。

出典:出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「見解」

つまり、「ある物事についてどのように考えるかの方法」「物事について持つ考え」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「見解」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「その成分の安全性については、専門家の間でも賛否両論あり見解が分かれている
  • 「保存料の使用については危険性を危惧する声は多いものの、そのメーカーでは『適切な使用量ならば食品を長持ちさせ食中毒のリスクを下げられるメリットもある。必ずしも無添加のほうが安全だとはいえない』という見解を示している
  • 「書店業界の低迷について、あるオーナーは『書店に足を運んで本を買うことの価値を前面に出して通販や電子書籍との差別化を図る必要がある』と見解を述べた
  • 「新型の加熱式タバコが注目を集めているが、多くの医療機関では『推奨できない』として見解が一致しているようだ」

ポイント

「見解」は、上記のようにある物事(社会的な問題など)についてどのような考えを持っているかを示す場合に、「見解を述べる」「見解が分かれる」といった形で使われています。

 

「意見」「見方」との違い

では次に、似た意味がある「意見」「見方」との違いについて見ていきます。

まず、これらの語には以下の意味があります。

物事や判断に対して持つ考え。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「意見」

ある立場からの考え方。見解。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「見方」②

そして、これらの語と「見解」の使い方を比較すると、以下のようになります。

  • 「意見」:「近く高層マンションの建設が始まることについて、近隣の住民からは『日当たりが悪くなるから止めてほしい』という意見が多数集まっている」(≒「近く高層マンションの建設が始まることについて、近隣の住民からは『日当たりが悪くなるから止めてほしい』という声が多数集まっている」)
  • 「見方」:「近年の大河ドラマについて、『ストーリーに捏造やご都合主義が散見し面白くない』という人がいる反面、歴史に詳しくない若年層は『歴史を知らなくてもドラマとして楽しめる』という見方をする人が多いようだ」(≒「近年の大河ドラマについて、『ストーリーに捏造やご都合主義が散見しつまらない』という人がいる反面、歴史に詳しくない若年層は『歴史を知らなくてもドラマとして楽しめる』という考え方をする人が多いようだ」)
  • 「見解」:「近年受動喫煙防止対策が強化されているが、その健康的な被害について、タバコ会社では次のような見解を打ち出した」(≒「近年受動喫煙防止対策が強化されているが、タバコ会社では、その健康的な被害に対する同社の考え方を次のように示した」)

ポイント

つまり、

「意見」は「ある物事に対しての考え、考えた結論や判断」(主に個人的なことについていう時に使う)をいい、

「見方」は「ある立場から物事を見た時の考え方」、

「見解」は「ある物事に対する考え方」(特に社会全体の問題に関することについていう時に使う)

を表すという違いがあります。

 

まとめ

以上、「見解」の意味と使い方、「意見」「見方」との違いについてまとめました。

この言葉は、「ある物事についての見方や考え方」のことをいい、社会的な問題について企業や公的機関などがどのような考えを持っているかを示す場合に「見解を述べる」「見解を示す」などの形で使われています。

また「意見」「見方」にも近い意味がありますが、「意見」は個人的なことについていう場合に使われることが多く、「見方」はある立場から見た物事に対する考え方の相違などをいう場合に使われています。

これらの語は、物事についての考え方を示す場合に使うことができますが、それぞれ違ったニュアンスがあるので、適度な場面で使い分けることができます。

関連コンテンツ

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.