「慣例」の意味と使い方・例文・「慣習」「恒例」との違いまとめ

直近24時間の人気記事

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「慣例」(読み方:「かんれい」)という言葉は、「慣例により~する」「慣例化する」などの形でよく用いられています。

この言葉には、他に「慣習」「恒例」のような近い意味の言葉がありますが、具体的にそれらとどのような違いがあるのか、中には疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「慣例」の意味と使い方、また「慣習」「恒例」との違いを説明していきます。

 

スポンサーリンク

「慣例」の意味と使い方・例文・「慣習」「恒例」との違い

それでは、以下に「慣例」の意味と使い方、また「慣習」「恒例」との違いを説明します。

 

意味

まず、「慣例」には以下のような意味があります。

くり返し行われて習慣のようになっている事柄。ならわし。しきたり。

出典:明鏡国語辞典

つまり、「あることが何度も行われていて習慣のようになっている事柄」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「慣例」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「開会式では慣例に従って市長の挨拶がある」
  • 「今では日本でもクリスマスやハロウィンは慣例行事となっている」
  • 「この時期には慣例によりボーナスが支給される」
  • 「勤務先ではバレンタインには男性社員にチョコレートを配るのが慣例化していて困っている」

 

「慣習」「恒例」との違い

では次に、似た意味を表す「慣習」「恒例」という語との違いについて見ていきます。

まず、これらの語には以下のような意味があります。

ある社会で一般に行われてきた伝統的なしきたり。

出典:明鏡国語辞典「慣習」

儀式や行事がいつもと同じように行われること。また、その儀式や行事。

出典:明鏡国語辞典「恒例」

そして、これらの語と「慣例」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「慣習」:「この辺りではお正月に餅つきをするのが慣習となっている」(この辺りでは昔からお正月に餅つきをするしきたりがある)
  • 「恒例」:「そろそろ毎年恒例のイルミネーションイベントが開催される時期だ」(そろそろ毎年行われているイルミネーションイベントが開催される時期だ)
  • 「慣例」:「近年では節分になると恵方巻きを食べることが全国的な慣例となっている」(近年では節分になると恵方巻きを食べることが全国的な習慣のようになっている)

つまり、「慣習」は「ある集団で古くから行われているしきたり」、「恒例」は「行事などがいつも同じようなやり方・日程で行われること」、「慣例」は「繰り返し行われてそれが習慣のようになっている事柄」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「慣例」の意味と使い方、「慣習」「恒例」についてまとめました。

この言葉は、「何度も行われてそれが習慣化している事柄」を表します。

「慣習」や「恒例」も近い意味がありますが、「慣習」は単に何度も行われていることではなく、社会的に古くから受け継がれているしきたりについていう場合に用います。

また「恒例」は、行事などが毎年同じように行われていることを表し、学校行事やイベントなどについて述べる場合に用います。

それぞれ違ったニュアンスがあり用いる場面が異なるため、適当な場面で使い分けることができます。