言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

言葉・単語の意味

「門出」の意味と使い方・例文・「船出」との違いまとめ

投稿日:2018年3月13日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「門出」(読み方:「かどで」)という言葉は、「~の門出を祝う」「~に門出する」などの形でよく用いられています。

人生の節目にある人についていう場合に使われることが多い言葉ですが、具体的にはどのようなことを表すのか、また似た意味のある「船出」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「門出」の意味と使い方、そして「船出」との違いを説明していきます。

 

「門出」の意味と使い方・例文・「船出」との違い

それでは、以下に「門出」の意味と使い方、また「船出」との違いを説明します。

 

意味

まず、「門出」には以下のような意味があります。

  1. 長旅・出陣などのために、自分の家を出発すること。旅立ち。
  2. 新しい生活を始めること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「門出」

つまり、「旅に出るなどで家を出発すること」「新しい生活を始めること」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「門出」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「この春晴れて大学生となった彼の門出を祝い、電報で餞(はなむけ)の言葉を贈った」
  • 「見上げると、まるで卒業生たちの門出を祝福するかのように晴れ晴れと抜けるような青空が広がっていた」
  • 「海外の大学に留学する彼の門出を祝おうと友人たちは空港に向かった」
  • 「それでは皆さん、二人の門出を祝って乾杯しましょう」

 

「船出」との違い

次に、似た意味のある「船出」という語との違いについて見ていきます。

まず、「船出」には以下の意味があります。

船が港を出ること。でふね。出帆。比喩的に、新しい生活の出発にもいう。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「船出」

そして、これらの語と「門出」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「船出」:「社会人としての船出を迎える彼は、これからの生活に対する不安と期待で胸が一杯になっていた」(社会人としてこれから新しい生活を迎える彼は、今後の生活に対する不安と期待で胸が一杯になっていた)
  • 「門出」:「彼女の門出を祝うためにささやかながら餞の宴を設けた」(渡航の前に、彼女が始める新しい生活を祝うためささやかながら餞の宴を設けた)、「彼女が渡航する際には、門出を見送ろうと友人たちが集まった」(彼女が渡航する際には、出発を見送ろうと友人たちが集まった)

つまり、「船出」は「船が港を出ること」を表すほか、比喩的に「新しい生活の出発」をいい、また「門出」も同様に「新しい生活の出発」を表しますが、他に「旅などへの出発すること」をいう場合に用いるという違いがあります。

 

まとめ

以上、「門出」の意味と使い方、「船出」との違いについてまとめました。

この言葉は「新しい生活を始めること」「旅などに出発すること」をいい、主に転職や結婚などの新生活を始める人についていう場合に「~に門出する」「~の門出を祝う」「~の門出を見送る」などの形で用いられています。

また「船出」についても同じように、比喩的に「新しい生活を始めること」をいい、たとえば新社会人になる、これから結婚する二人についていう場合などに「~に船出する」「~の船出」といった形で用いられます。

それぞれ異なる意味もありますが、同じような形で用いることもできるため、場面によって適当に言い換えて用いると良さそうです。

関連コンテンツ

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.