言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「辞退」の意味と使い方・例文・「棄権」「拒否」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「辞退」という言葉は、「内定を辞退する」「受賞を辞退する」などの形でよく用いられます。

特に、就職・転職・アルバイトなどの内定や選考を断る時に用いられることが多いかと思います。

ただし何かを断る時に用いるとはいっても、具体的にどのような意味がありどんな場面で使うことができるのか、ここではこの言葉の基本的な意味と使い方と、似た意味のある「棄権」「拒否」という語と比較しながらより詳しい意味について説明していきます。

 

「辞退」の意味と使い方・例文・「棄権」「拒否」との違い

それでは、以下に「辞退」の意味と使い方、また「棄権」「拒否」との違いを説明します。

 

意味

まず、「辞退」には「へりくだって引き下がる」という意味があり、「相手から与えられた権利などが自分には相応しくない、適当ではないとして断ること」を表します。

 

使い方・例文

次に、「辞退」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「入選した作品の誌面への掲載を辞退する」
  • 「第一志望の企業から内定が出たため、面接予定の企業に今後の選考を辞退する旨をメールで連絡する」
  • 「取引先からの贈答品の受け取りを辞退する」
  • 「パート採用の辞退を申し出る」

 

「棄権」「拒否」との違い

次に、似た意味を表す「棄権」「拒否」という語との違いについて見ていきます。

まず、「棄権」には「(選挙権などの)権利を放棄すること」、「拒否」は「要求などを受け入れずに断ること」を表します。

そして、これらの語と「辞退」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「棄権」:「該当者なしとして選挙の投票を棄権する」
  • 「拒否」:「夫からの別居の申し出を拒否する」
  • 「辞退」:「内定をもらったアルバイトの採用を辞退する」

つまり、「棄権」は「認められている自分の権利を行使しないこと」、「拒否」は「他人からの要求や依頼などを受け入れずに断ること」、「辞退」は「(謙遜して)与えられた権利などを断ること」を表すという違いがあります。

 

まとめ

以上、「辞退」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、謙遜の意を含み「引き下がること、断ること」を表します。

それに対して、「拒否」は「相手からの依頼などを受け付けない」ことを表し、「棄権」は「すでに認められている自分の権利を放棄すること」を表します。

「拒否」は比較的日常のさまざまな場面で使用しますが、「棄権」は「選挙権を行使しない」「競技大会の参加を取りやめる」といった場面、「辞退」は「就職・転職・アルバイトの内定や受賞・賞金を断る」などの場面に用いることができるので、何かを断りたい、権利を放棄するなどの場合には、状況に応じて適当に使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.