言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

四字熟語

「時期尚早」の意味と使い方・例文・類義語・反対語まとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

「時期尚早」(読み方:「じきしょうそう」)という言葉は、「~するのは時期尚早だ」「時期尚早な~」といった形でよく用いられています。

この言葉自体はさまざまな場面で用いられ耳慣れた語といえますが、他に同じような意味や反対の意味がある語にはどのようなものがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

そこで、ここでは「時期尚早」の意味と使い方、また類義語・反対語にあたる言葉について説明していきます。

 

「時期尚早」の意味と使い方・例文・類義語・反対語

それでは、以下に「時期尚早」の意味と使い方、また類義語・反対語について説明します。

 

意味

まず、「時期尚早」には以下のような意味があります。

ある事を行う時期としては、まだ早すぎること。また、そのさま。

出典:精選版 日本国語大辞典「時期尚早」

つまり、「ある物事を行う時としてはその時点ではまだ早すぎること、またそうした様子」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「時期尚早」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「その事業への参入はまだ時期尚早、今は足元をしっかりと固める時だ」
  • 「確かにまだ目ぼしい効果は見られないが、とは言ってもこの段階で成果を問うのは時期尚早というものだ。しばらく様子を見るのが賢明だろう」
  • 「いずれは2店舗目を出そうと考えているが、1号店の売上が順調とは言えない今はまだ時期尚早だ」
  • 「周囲は独立するなんて時期尚早な考えだと言うが、動き出さなければ何も進んでいかないだろう」

 

類義語・反対語

次に、「時期尚早」の類義語・反対語について見ていきます。

この言葉と近い意味、もしくは反対の意味のある語には以下のようなものがあります。

 

尚早(しょうそう)

まず、「時期尚早」の類義語として「尚早」が挙げられます。

この言葉には以下の意味があります。

まだ早いこと。まだその時機でないこと。また、そのさま。

出典:精選版 日本国語大辞典「尚早」

つまり、「まだ何かをする時期ではないこと、その時期には早いこと」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「この段階で結果を云々いうのは尚早である。あまり急ぐと短絡的な結論を出すことになるだけだ」
  • 「退任を発表するにはいまだ尚早と判断している」
なお、「時期尚早」は「時期早尚」と間違われることが多いといわれていますが、上記のように「まだその時期には早いこと」を表す「尚早」という語が用いられていることを覚えておくと良いかもしれません。

 

時機到来(じきとうらい)

次に、「時機到来」は「あることを行うのにちょうどよい時がやってくる」ことを表し、以下のように用いることができます。

  • 「1店舗目の経営は順調で、ある程度資金も貯まったところで良い物件も見つかった。これは2店舗目出店の時機到来ということか」
  • 「抱えていた仕事が一段落してまとまった有給休暇も取れたため、念願だった短期留学の時機到来と手続きを進める」

 

まとめ

以上、「時期尚早」の意味と使い方、類義語・反対語についてまとめました。

この言葉は「物事を行うのにまだ早すぎること」を表し、その時がある物事を行うには早すぎて良いタイミングではないということについて述べる場合に「~は時期尚早だ」といった形で用いることができます。

また「尚早」という語についても「時期尚早」と同じような使い方をすることができます。

そして反対の意味のある語には「時機到来」がありますが、この言葉の「時機」という語には「何かを行うのにちょうど良い時」と言った意味があり、物事を行うのに良い時期が訪れることを表します。

何かを行動するタイミングについて述べる場合には、これらの語を場面に応じて適度に使い分けると良さそうです。

-四字熟語

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.