言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

iPhone

Apple ID・iPhoneの名前を変更する方法

投稿日:2018年7月31日 更新日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

iPhoneの操作をしていると、iPhoneのデバイス名やApple IDの名前として自分の氏名(本名)が画面上に表示されることがあります。

このiPhoneのデバイス名などに本名が使われたままで使用していると、場合によっては外出先で知らずのうちに周囲にいる人に自分の名前が知られてしまうということになる恐れがあります。

そこで、ここではiPhoneのデバイス名やApple IDの名前を本名以外のものに変更する方法をまとめていきます。

 

Apple ID・iPhoneの名前を変更するには

それでは、以下にApple IDの名前やiPhoneのデバイス名を変更するための手順を説明していきます。

 

Apple IDの名前を変更する

まずは、iPhoneやiCloudなどを利用する時に表示される、Apple IDの名前を変更する手順から見ていきます。

はじめにiPhoneの「設定」アプリを開いて、画面上部の名前が書かれたところをタップします。

そして以下のような表示になったら、「名前、電話番号、メール」をタップします。

次に、自分の名前が書かれた部分をタップします。

すると、以下のように姓と名がそれぞれ編集できる画面になります。それぞれ任意の名前に編集し、右上の「完了」をタップして変更終了です。

なお、Apple IDのアカウント情報には、他にApple製品購入する時に利用する配送先の氏名や住所を登録しますが、この配送先の住所や名前は別の項目で設定されるようになっています。そのため、上記の設定を変更することで配送先が自動的に変わってしまうことはありません。

 

iPhoneの名前を変更する

では次に、iPhoneの名前(デバイス名)を変更する手順を見ていきます。

まず、「iPhoneの名前」には、デフォルトでApple IDに設定されている名前が使用されます。

つまり、たとえばApple IDが「宮野適子」の場合には「宮野適子のiPhone」というように「〇〇(本名)のiPhone」という名前がデフォルトで設定されています。

そのため、このデフォルトの設定のままで利用していると、iPhoneでデザリングをする時のSSIDやAirDropでやり取りをする際のデバイス名(SSIDやAirDropのデバイス名にiPhoneの名前が表示される)に本名が含まれてしまい、公共の場所で不要に自分の本名が周囲にいる人に分かってしまうことになります。

ただしiPhoneの名前は任意のものに変更することができるので、必要に応じて変えておくと安心です。

もしくは、AirDropであれば受信設定を「連絡先のみ」もしくは「受信しない」に設定しておくことで他人に自分のデバイス名や本名を知られてしまうことを回避できます。

iPhoneの名前を変更するには、まず「設定」アプリを開き「一般」⇒「情報」をタップします。

そして、以下のような画面になったら、「○○(本名)のiPhone」と書かれた部分を編集して表示されても問題のない名前に変更します。

 

まとめ

以上、Apple ID、iPhoneの名前を変更する方法について説明しました。

Apple IDの名前に本名を設定していると、自分でも気付かない間に本名が周囲に知られてしまう恐れがあります。その状況はセキュリティなどの観点からあまり良いとはいえませんが、名前の変更は簡単な操作で行うことができます。

たとえばデザリングをよく使用する場合には、周囲に見られても支障がなく自分が覚えておけるデバイス名に変えるなど、必要に応じて事前に設定を変更しておくと安心です。

関連コンテンツ

-iPhone

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.