言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

inoreader

inoreaderのハイライター機能で情報収集を効率化する方法

投稿日:2016年11月8日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です>

今回は、RSSリーダー「inoreader」のハイライターという機能を使って購読している記事を効率的に読む方法を紹介します。

【参考記事】:高機能と評判のRSSリーダー「inoreader」にアカウント作成・フィードを追加する手順

 

inoreaderのハイライターを使って効率的に情報収集

inoreaderにはハイライターという機能があります。ハイライターを作成しておくと記事を閲覧している時に指定した文字をマーカー表示して目立たせてくれます。

それによって知りたいことが書いてある箇所を見つけやすく、効率的に記事を読むことができるので情報収集にかかる時間を短縮化につながります。

(ただしハイライターはWindows Phoneのモバイルアプリでは機能していなかったため、パソコンから記事を読む場合しか使用できないかもしれません)

 

ハイライターの使い方

ハイライターを使用するためには、マーカーで目立たせたい単語と色を指定してハイライターの設定を作る必要があります。

このハイライターの作成方法は2通りあるため、それぞれ順に説明していきます。

 

閲覧している記事からハイライターを作成する場合

まず購読しているサイトの記事や保存している記事を閲覧中にハイライターを作成する場合は、記事を表示した状態でマーカーで強調表示したい文字列をドラッグします。

inoreaderで購読している記事の中で強調したい部分をドラッグして選択した時の画面

そしてドラッグした部分を左クリックします。すると以下のようにメニューが表示されるので「ハイライターの作成」をクリックします。 inoreaderで記事の文字をドラッグ・左クリックしてメニューを表示した時の画面

次に以下のような画面が表示されます。

inoreaderでハイライターを作成する時の画面

「文字列」にマーカーを表示したい単語が入っているかを確認し、希望の色を選択して「保存」をクリックします。

再度記事を閲覧すると、以下のようにハイライターを作成した箇所がマーカー表示されます。

inoreaderでハイライターを作成して記事を閲覧した時の表示

 

「ハイライターの設定」からハイライターを作成する場合

記事を閲覧している時にハイライターを作成する以外に、設定画面からハイライターを作成する方法もあります。

その場合は、画面右上の歯車マークをクリックし「設定」を選択します。

inoreaderの設定画面を表示する時の操作

「設定」が表示されたら左側の項目にある「ハイライター」を選択します。

inoreaderでハイライターの設定を表示した時の画面上のような画面が表示されるので、「新規ハイライター」をクリックして文字列と配色を指定し設定を保存すれば完了です。

 

まとめ

inoreaderは使いやすく情報収集に役立つRSSリーダーですが、ハイライターを使うと記事を読む作業を効率化することができ更に便利です。たくさんの情報を少しでも能率的に集めたい場合には活用してみるとよいかと思います。

-inoreader

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.