言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「芳醇」の意味と使い方・例文・「豊潤」との違いまとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「芳醇」(読み方:「ほうじゅん」)という言葉は、「芳醇な酒」「芳醇なワイン」などの形でよく用いられています。

お酒の形容に多く使われている語ですが、具体的にこの言葉はどのようなことを表しているのか、また似た意味があり同じ読み方をする「豊潤」という語とはどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「芳醇」の意味と使い方、また「豊潤」との違いを説明していきます。

 

「芳醇」の意味と使い方・例文・「豊潤」との違い

それでは、以下に「芳醇」の意味と使い方、また「豊潤」との違いを説明します。

 

意味

まず、「芳醇」には以下のような意味があります。

酒などの香りが高く、味のよいこと。

出典:明鏡国語辞典「芳醇」

つまり、「(お酒などの)香りが強く味が良いこと」を表す語となっています。

 

使い方・例文

次に、「芳醇」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「その店では季節の地元野菜を使った料理とともに芳醇なワインを楽しむことができる」
  • 「芳醇な香りが堪能できるブランデーケーキに舌鼓を打つ」
  • 「一週間が終わる金曜の夜には高級ピザをつまみながら芳醇なビールを味わう至福のひとときを過ごすようにしている」
  • 「芳醇な香りのコーヒーを飲んで一日の英気を養う」

 

「豊潤」との違い

では次に、似た意味のある「豊潤」という語との違いについて見ていきます。

まず、「豊潤」には以下の意味があります。

豊かでうるおいのあること。

出典:明鏡国語辞典

そして、この語と「芳醇」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「豊潤」:「バイオリン特有の豊潤な美しい音色を聴いていると自然と心が落ち着いてくる」(バイオリン特有のしっとりとした趣のある美しい音色を聴いていると自然と心が落ち着いてくる)
  • 「芳醇」:「そのワインは安いながらも芳醇で豊かな味わいがある」(そのワインは安いながらも香りが強く豊かな味わいがある)

つまり、「豊潤」は「豊かで潤いがある様子」、「芳醇」は「主にお酒などに強い香りがあり味が良いこと」を表すという違いがあります。

【関連記事】:「芳しい」の意味と使い方・例文・「香ばしい」「香しい」との違いまとめ

 

まとめ

以上、「芳醇」の意味と使い方、「豊潤」との違いについてまとめました。

この言葉は「香りが高く味の良いこと」を表し、主にワインなどのお酒がもつ独特な香りについていう場合に用います。

また「豊潤」については「豊かでうるおいがあること」を表し、たとえば音色などの趣のある様子や肉や野菜といった食べ物のみずみずしい様子などについて述べる場合に用いられています。

読み方が同じ語ではありますが、意味としては大きく異なるため、お酒など香り高さが特徴のものについて述べる場合には「芳醇」、うるおいがある様子をいいたい場合には「豊潤」と使い分けることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.