言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

転居手続き

引っ越しに伴い必要になる手続きを「引越れんらく帳」を使って効率化する方法

投稿日:2016年8月10日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です>

引っ越しをするには、住所(場合によっては電話番号)が変更になるに伴ってさまざまな手続きが必要となります。

今回は、そうした引っ越しに伴って発生する手続きをなるべく効率化できる方法を紹介したいと思います。

【参考記事】:個人事業主が引っ越しする際に必要な手続き

引っ越しに伴って必要になる主な手続きとは

まず、住所が変わることに伴って必要になる作業にはどのようなものがあるのか、以下に主なものを挙げてみます。

 

旧住所に関するもの

  • 電気・ガス・水道といったライフラインの停止・解約(または移転手続き)
  • 郵便物の転送届け提出
  • インターネット回線・プロバイダの解約もしくは住所変更手続きおよび機器の返送作業
  • 居住地の市町村への転出届

 

新住所に関する必要な手続き

  • 電気・ガス・水道といったライフラインの申込・開通手続き
  • インターネット回線・プロバイダの申込および開通工事(もしくは移転工事)
  • 居住地の市町村への転入届提出
  • 利用している金融機関(銀行・生命保険・クレジットカード)への住所変更
  • 携帯電話(携帯キャリアまたはMVNO)の契約住所変更
  • ネット通販や定期購入サービスの契約住所・送付先住所の変更

引っ越しには大まかに挙げただけでもこれだけの手続きが必要になりますが、上記のような手続きは一つ一つ行っていくと、その作業自体に時間や手間がかかり、また数が多いとどこに連絡をしていてどこがまだかといった進捗状況を管理することも大変です。

そこで、ここからは上記のような手続きを簡略化してくれる「引越れんらく帳」を活用した手続きの方法を紹介します。

 

「引越れんらく帳」を使って手続きを簡略化する方法

それでは、「引越れんらく帳」がどんなサービスか、また利用するにはどのような手順が必要化を説明していきます。

 

「引越れんらく帳」とは

東京電力グループの「東京エナジーパートナー」が提供するサービスで、あらかじめ自身の移転に関する情報(旧住所や新住所など)を登録しておくと、その情報を使って複数の事業者への手続きが一括で行えるというものです。

つまり、サービス毎に連絡先やWebページを調べて、電話をしたり個人情報を入力したりといったことが必要なくなり、より効率的に手続きを進めることができます。

ただこれは東京ガスや東京都水道局など対応済みのサービスに限られ、未対応のサービスについては通常通り個別に連絡する必要があります。

それでも未対応のサービスを「手続きが必要な事業者」として登録しておくことで、手続きが行えるWebページへのリンクが表示されるようになったり、連絡先(電話番号)・受付時間などを確認することができるようになったりしますので、通常よりも手続きがしやすくなります。

 

「マイ引越れんらく帳」の作成方法

では次に、移転手続きをするための「マイ引越れんらく帳」というマイページのようなものを作成する方法を説明します。

 

1.引越連絡先業種の選択

まずは以下のページにアクセスします。

引越れんらく帳

そして以下のような画面が表示されたら、一括手続きが必要な事業者の業種を選択していきます。(複数の業種にチェックを入れて選択することが可能です)

引越れんらく帳 引越連絡先業種の選択

 

業種を選択したら、その下の「引越元の住所」と「引越先の住所」にそれぞれ住所を入力して「次へ」というボタンをクリックします。

 

2.引越連絡先事業者の選択

次に、チェックを入れた業種に該当する事業者が表示され、一括手続きに対応しているかどうかなどの情報を確認することができます。

それらを確認して、手続きをしたい事業者を個別に選択していきます。

引越れんらく帳 引越連絡先事業者の選択

黄色で「対応」と表示されている事業者は「マイ引越れんらく帳」を使った一括連絡に対応していますが、「未対応」と表示されている事業者でも必要に応じて併せてチェックを入れておきます。そうすると「個別に連絡が必要な事業者」としてリストが作成され、上述したように連絡先などの情報を確認することができるようになり便利です。

 

そして、必要な事業者にチェックを入れらたら「次へ」をクリックします。

 

3.引越連絡先事業者の確認

次の画面に進むと、前の画面で選択した内容の確認画面が表示されます。

引越れんらく帳 引越連絡先事業者の確認引越れんらく帳 一括手続き未対応業者の表示

内容を確認して、問題なければ「次へ」をクリックします。

 

4.~お申込み情報の入力

次に移転に伴う手続きに必要な申込情報として、氏名や連絡先などの情報を入力していきます。

引越れんらく帳 申し込み情報の入力画面

必要な情報を入力したら、確認画面に進みます。

そこで問題がなければ、さらに次の画面に進むと「マイ引越れんらく帳」の作成が完了です。

 

「マイ引越れんらく帳」にログインする

上記が完了すると、以下のページから申込情報として入力したIDとパスワードを使ってログインし、各事業者への移転手続きなどが可能になります。

マイ引越れんらく帳 ログイン

ログインすると以下のような画面が表示されます。

引越れんらく帳 マイ引越れんらく帳から申込み可能な引越連絡先

一括連絡が可能な場合は「申込み」ボタンから申込情報として入力した情報を使って手続きが可能です。

また未対応の事業者は、事業者名のリンクをクリックすると新しく開いたタブから事業者のホームページや手続き受付ページへのリンク、連絡先や受付時間などの情報を確認することができます。

そして、各事業者への連絡が完了した場合は「連絡状況」にチェックを入れて「連絡状況保存」ボタンを押すと、連絡済みであることを登録できるため手続きの進捗状況が分かりやすくなります。

引越れんらく帳 個別に連絡が必要な引越連絡先のリスト

 

まとめ

引っ越しの際にはサービスの停止・開始連絡や住所変更手続きなど、多くの事業者に連絡が必要になりますが、「引越れんらく帳」を使うとこれらの手続きを効率化して時間や手間を削減することができます。転居する場合には活用してみることをおすすめします。

-転居手続き

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.