言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「変革」の意味と使い方・例文・「改革」「革新」との違いまとめ

投稿日:2017年9月28日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です>

「変革」(読み方:「へんかく」)という言葉は、「~を変革する」「~に変革をもたらす」などの形で用いられています。

概ね意味は分かるという人がほとんどかとは思いますが、具体的にこの言葉はどのようなことを表すのか、また似た意味のある語とどのような違いがあるのか、ここではこの言葉の基本的な意味や使い方と併せて、「改革」「革新」との違いを説明していきます。

 

「変革」の意味と使い方・例文・「改革」「革新」との違い

それでは、以下に「変革」の意味と使い方、また「改革」「革新」との違いを説明します。

 

意味

まず、「変革」には「物事を根本から変えて新しくすること」という意味があり、「社会・制度など、何かを大もとの部分から変えて新しくすること」を表します。

 

使い方・例文

次に、「変革」の使い方を例文を使って見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「停滞した営業成績を上げていくためには意識の変革が必要だ」
  • 「需要の減少で業界全体が低迷していることからみても大変革を試みる必要がある」
  • 「会計ソフトの普及は、中小企業や個人事業主の会計業務に変革をもたらした」
  • 「その業界はこれから大変革期を迎えようとしている」

 

「改革」「革新」との違い

ここからは、似た意味を表す「改革」「革新」という語との違いについて見ていきます。

まず、「改革」には「(旧来からの制度・組織などを)改め変えること」、「革新」は「(古い習慣・制度・組織・方法などを)改めて新しくすること」を表します。

そして、これらの語と「変革」の使い方を比較すると以下のようになります。

  • 「改革」:「組織風土の改革を進める」(組織の風土をより良いものに変えていく取り組みを進める)
  • 「革新」:「急速な情報通信技術の革新により情報通信機器の普及や関連市場の拡大が進んでいる」(急速に情報通信技術が新しくなっていることで情報機器の普及や関連市場の拡大が進んでいる)
  • 「変革」:「人材不足を解消するために組織の大変革に踏み切る」(人材不足解消のために組織のあり方を根本から変えて新しくすることに踏み切る)

つまり、「改革」は「もともとあるものの悪いところを良いものに変えること」、「革新」は「古くからの制度などを改めて新しくすること」、「変革」は「何かを根本から変えて新しくすること」を表すというニュアンスの違いがあります。

 

まとめ

以上、「変革」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は、「物事を根本から新しく変えること」を表します。

「改革」「革新」という語についても、「改める」という意味がある「革」という字が共通し近い意味がありますが、それぞれ「現状をより良く変えること」「古いものを改めて新しくすること」といった違いがあるため、適当に使い分けて用いることができます。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.