言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉遣い・敬語

ビジネス・日常生活で「嬉しい」「喜ばしい」気持ちを表す言葉・表現まとめ

投稿日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です>

たとえば「相手から何かをしてもらった時にそれに対する感謝と喜びの気持ちを伝える」「相手が健康で元気に暮らしていることを喜ぶ気持ちを伝える」など、ビジネス・日常生活を問わず、手紙やメールを使って誰かに「嬉しい」「喜ばしい」気持ちを表す場面は多くあります。

しかしながら、どのような言葉を用いるとそうした気持ちを適切に伝えることができるのか、中には表現の仕方に迷うことがあるかもしれません。

そこで、ここではそうした相手に対して「嬉しい」「喜ばしい」気持ちを表すための言葉や表現を場面別に挙げていきます。

 

 場面別「嬉しい」「喜ばしい」気持ちを表す言葉や表現

それでは、「嬉しい」気持ちを表す言葉や表現を場面別に挙げていきます。

 

ビジネス・日常生活で使える感謝の気持ちを伝える言葉・表現

まず、場面を問わず用いることができる、相手への感謝の気持ちを表す言葉や表現には以下のようなものがあります。

 

有り難い(ありがたい)

「有り難い」は「相手から受けた好意などに対してうれしく感謝したい気持ちを抱いている」ことを表す語で、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「このたびは不躾なお願いにもかかわらず、早急なご対応をしていただきましたこと誠にありがたく存じます」
  • 「お心遣い誠にありがたく存じます」
  • 「お気持ち、ありがたく頂戴いたします」

【参考記事】
「不躾」とは?意味とビジネスにおける主な使い方・類似表現まとめ
「早速」の意味とビジネスメールにおける使い方・類似表現まとめ

 

恐悦至極(きょうえつしごく)

「恐悦至極」は、「目上の人から受けた好意などに対して非常に喜んでいる」ことを表す語で、以下のように用いることができます。

  • 「格別なるご厚情を賜り、恐悦至極に存じます」
  • 「このたびは大役を仰せつかり、恐悦至極にございます」

 

手紙などで用いる相手の健康を喜ぶ言葉・表現

次に、ビジネスのメールや文書、もしくは親戚や知人などへの手紙において、相手の健康や活躍を喜ぶことを伝える言葉や表現には、以下のようなものがあります。

 

慶ぶ(よろこぶ)

「慶ぶ」は、「おめでたいことをうれしく思う」ことを表し、手紙の挨拶文で相手の健康や活躍を喜ぶことを伝える場合などに以下のように用いることができます。

  • 「皆様には健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます」
  • 「大寒の候、○○様におかれましては健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます」
  • 「立春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」

 

何より(なにより)

「何より」は「他の何よりも良いこと」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「このたびは何よりのお品物を頂戴し、誠にありがとう存じます」
  • 「先生もその後お元気でお過ごしとのこと、何よりに存じます」

【参考記事】:「頂戴」の意味と使い方・例文・「賜る」「頂く」との違いまとめ

 

顧客対応で喜ばしい気持ちを伝える時に使う言葉・表現

では次に、顧客に対してお礼や感謝の気持ちを伝える時に使うことができる言葉や表現を挙げていきます。

 

この上ない(このうえない)

「この上ない」は「これ以上のものはない」ことを表し、以下のように用いることができます。

  • 「お客様のお役に立つことができましたこと、弊社といたしましてもこの上ない喜びに存じます」
  • 「このたびは弊社スタッフの対応につきましてご丁寧なお礼の言葉を頂戴し、誠にありがとうございます。お客様よりこのような温かいお言葉をいただけましたこと、私どもにとってこの上ない喜びでございます」

 

天にも昇る心地(てんにものぼるここち)

「天にも昇る心地」は「これ以上の喜びはないこと」を表し、以下のように用いることができます。

  • 「このたびは、お客様よりこのようなお褒めの言葉をいただき、天にも昇る心地でございます」
  • 「お客様よりお褒めの言葉をいただき、担当させていただいたスタッフもまさに天にも昇る心地と感激いたしております」

 

まとめ

以上、ビジネスや日常生活で使える「嬉しい」「喜ばしい」気持ちを表す表現をまとめました。

ビジネスや日常生活においては、家族や友人などの砕けた間柄の人以外にも、上司、取引先、顧客、親戚など、さまざまな相手、場面で感謝や喜びの気持ちを伝える場面がありますが、そうした場合には、だた「嬉しい」という言葉を使う以外にも、場面に応じてさまざまな表現を使い分けることができます。

たとえば「何かの対応をしてもらったことへの感謝の気持ち」「相手が健康でいることを喜ぶ」「贈り物や気遣いへの感謝を表す」など、言いたい主旨はそのケースによって異なりますが、上記のような言葉を使い分けることで、個々の場面に合った気持ちを適切に伝えることができます。

-言葉遣い・敬語

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.