言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

パソコン・周辺機器関連

Googleアカウント情報に追加された「スマートフォンを探す」で使用できる機能

投稿日:2016年8月1日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

Googleのアカウント情報の中に「スマートフォンを探す」という項目が加わっています。

 

万一スマートフォンを紛失した時には、この機能を使用してスマートフォンの場所を特定したりロックを掛けたりといったことが可能になります。

 

実際に紛失した時のためにもどのようなことができるのか試してみましたので、機能の内容をまとめてみたいと思います。

 

「スマートフォンを探す」を使ってできること

Googleアカウントの「スマートフォンを探す」というメニューからできる操作を大まかな流れを順に説明します。

 

「スマートフォンを探す」へのアクセス

1.Googleアカウントにログイン

2.「ログインとセキュリティ」をクリック

3.「スマートフォンを探す」をクリック

Googleアカウントから「スマートフォンを探す」を選択する

 

4.以下のような画面が表示されたら、画面の中から探したいスマートフォンの機種を選択

「スマートフォンまたはタブレットの選択」画面

 

5.以下の画面が表示

「スマートフォンを呼び出す/位置を特定する」画面

 

ここで紛失したスマートフォンに対する対処法がいくつか表示されます。

 

「着信音を鳴らす」

「スマートフォンを呼び出す/位置を特定する」という項目に「着信音を鳴らす」「端末を探す」という表示がされます。

 

ここからスマートフォンに着信音を鳴らしたり、端末の位置情報を地図上で確認できるようになっています。

 

まずスマートフォンに着信音を鳴らす場合には「着信音を鳴らす」をクリックします。

 

以下の画面が表示されたら「着信音」をクリックします。

「着信音を鳴らしますか?」メッセージ画面

 

そうするとスマートフォンで着信音が鳴ります。音は割りと大きめですが、電源ボタンを押すと止まります。スマートフォンが室内で見つからない時にはこの機能を使って簡単に見つけることができそうです。

 

「端末を探す」

地図上でスマートフォンの場所を確認する際は「端末を探す」をクリックします。

 

携帯電話で位置情報がオンになっている場合には、グーグルマップでおおよその場所が確認できます。

「端末を探す」から場所を確認する場合の画面

 

ただし端末の位置情報がオンになっていない場合には、以下の画面が表示されます。

「Googleデバイスマネージャーへようこそ」画面

 

「スマートフォンでログアウトする」

「スマートフォンでログアウトする」という項目からスマートフォンで使っているGoogleアカウントからログアウトさせる操作が可能になっています。

 

その場合は「スマートフォンでログアウトする」を選択し「ログアウト」をクリックします。

「スマートフォンでログアウトする」を選択した画面

 

不審なアクティビティに関する最近のセキュリティイベントの確認をする

最近操作したアクティビティの中で不審なものがないかを確認することができます。

 

たとえば直近でメールアドレスの変更をしていた場合は以下のように表示されます。

「不審なアクティビティに関する最近のセキュリティイベントの確認」を表示した画面

不審な動きがあれば確認することができるので安心できそうです。

 

「スマートフォンに電話をかけてみる」

スマートフォンに直接電話をかけてみる場合は、「Googleハングアウト」を使って発信できるようになっています。

Googleハングアウトの画面

 

GoogleハングアウトはGoogleが提供するコミュニケーションツールで、一部を除きメッセージの送受信・音声通話などが無料で利用できるようになっています。

 

「携帯電話会社に連絡する」

携帯電話会社に連絡をした上で、SIMカードを無効化するなどの対処が提案されています。

 

「携帯通信会社に連絡する」を表示した画面

 

「最寄りの遺失物取扱所に連絡する」

「最寄りの遺失物取扱所に連絡する」を選択すると、グーグルマップから最寄りの公共交通機関の遺失物取扱所を確認することができます。

 

 まとめ

以上、Googleアカウントの「スマートフォンを探す」を使う場合の機能について紹介しました。

 

「スマートフォンを探す」の機能は、セキュリティソフトでも近いことが可能な場合がありますが、そうした機能が付いているソフトを使用していない場合でも紛失に備えられます。

 

仕事で使用している場合は特にそうですが、そうでないという場合にもセキュリティ対策にこうした機能を使って対処できると助かりますし便利な機能です。

-パソコン・周辺機器関連

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.