言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

過去24時間の人気記事

情報収集

情報収集や読書に電子書籍を活用することのメリット3つ

投稿日:

スポンサーリンク

<この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です>

情報収集はインターネットが中心ですが、本も読むようにしています。

 

情報収集や知識を得ることが目的なので読むのは実用書ばかりですが、やはり書籍で読むと1冊に分かりやすく情報がまとめられているので分かりやすいです。

 

本を読む時はたいてい図書館でまとめて数冊借りて集中的に読むようにしながらも、新しく本を買おうという時にはなるべく電子書籍を選ぶようにしています。

 

紙の本とうまく使い分けるともっとよいかと思いますが、電子書籍をあえて選ぶことのメリットも多いので、今回は読書に電子書籍を活用する際のメリットを紹介したいと思います。

 

https://kotonoha-jiten.com/blog/public-library/

 

電子書籍を活用するメリット

では、電子書籍を活用することのメリットを3つ紹介します。

 

在庫を持たずにすむ

紙の本を購入する場合には、当然ながら本の在庫を持つことになります。

 

それはそれで必要な時にいつでも読み返せすことができてよいともいえますが、たくさん本を購入するとその分だけ自宅に本が溜まっていくことになります。本が増えればどんどん部屋に本が山積みになっていきますし、きちんと整理できていないと読みたい本をすぐに取り出せなくなることもあります。

 

またものが多くなると価値が薄れて感じることがあったり、ものが増えすぎたからと売ったり処分したりすることも出てきます。

 

電子書籍であれば不要にものを持つことを避けられるので、ものが増えたからといって本を手放す必要がないですし、必要な時にスマートフォンやパソコンのアプリから読みたい本を手軽に読み返すことができます。

 

短期的に必要な本であれば始めから図書館で借りてしまえばよいですが、常に必要になる訳ではないけれど必要な時には何度も読み返したい本や長く手元において活用したい本は電子書籍で持っておくと便利かと思います。

 

時間の効率化になる

電子書籍だとスマートフォンやタブレットを持ち歩いていれば、外出先などどこにいても読書をすることができます。

 

もちろん紙の本を外出先で読むということもできますが、一度に何冊も持ち歩くと荷物が増えてかさばりますし荷物も重たくなりますので、持ち歩く場合には1、2冊にしぼる必要があります。

 

その点電子書籍だと、端末が一つあれば読みたい時にどの本でも読むことができます。

 

ただ中には電子書籍になっていない本もあったり、画面の小さい端末で読むのには向かない本もあるので、そういう場合には紙の書籍を入手する必要があります。

 

価格が安い

電子書籍は紙の本と比べて価格の安いものが多いです。

 

さらにセールで大きく割引になることがあり、それらの本をチェックしていると良本をお得に購入できることがあります。

 

あまり安い本だと内容が薄いのではと思うこともあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

 

価格の安い本の中にはもともとページ数が少なくすぐに読み終えられるようなものもありますが、200ページ以上あり内容も濃い(通常は1,000円以上で販売している)本を100~200円で購入できたことも何度かあります。

 

私はKindle(Amazon)や楽天Koboをよく利用しますが、どちらもよくセールでお得になっていたりクーポンが使えることがあるのでおすすめです。

 

まとめ

電子書籍はいつでも手軽に読書ができることとかさばらないことが大きなメリットですが、価格もお得なのでより多くの本を入手しすいという点でも利点があります。

 

ただ電子書籍では読めない本があったり、就寝前に読むのには紙の本のほう目にやさしいといったところはありますので、その辺は本の種類や用途によって紙の本とうまく併用すると、さらに書籍を活かせるようになるかと思います。

 

-情報収集

Copyright© Kotoログ , 2018 All Rights Reserved.