言葉の使い方を中心にブログ運営・フリーランスに関することなど、ライティングの仕事に関わる情報を広く紹介するブログです。

Kotoログ

言葉・単語の意味

「デフォルト」の意味と使い方・例文まとめ

投稿日:2017年6月9日 更新日:

<この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です>

「デフォルト」という言葉は、もともと「不履行、怠慢」などの意味がある「default」という英単語ですが、日本社会ではカタカナ語としていくつかの異なる意味や使い方で用いられています。

ここでは、この言葉がどのようなことを表していてどのように用いる語なのか、「デフォルト」の意味と使い方を例文を交えて説明していきます。

 

「デフォルト」の意味と使い方・例文

それでは、以下に「デフォルト」の意味と使い方を例文を交えながら説明します。

 

意味

まず、「デフォルト」の定義されている意味としては、以下の2つがあります。

  1. 債務を期日までに返済できないこと、債務不履行
  2. コンピュータであらかじめ標準として設定されている出荷時の数値、初期値、既定値

 

1は金融用語として用いられる場合の意味で、対外債務の元本や利息の支払いが不能となった状態を表します。

そして2はIT用語で、パソコンなどの家電製品を稼働する前の時点でもともと設定されている値のことをいいます。なお、英語でも同様の意味で「default setting」(デフォルトの設定)、「factory defaults」(工場出荷状態)などのように用いられます。

ただし日常的な会話では、2の意味が転じて「この店はセルフサービスがデフォルトだ」のように、コンピュータなどの設定以外のことについても「基本、普通、通常」などの意味で使われることが多くあります。

 

使い方・例文

次に、主な使い方を例文で見ていきます。

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

  • 「スクリーンセーバーの設定はデフォルトで90秒に設定されている」
  • 「基本的にデフォルトのままで使用できますが、必要に応じてさまざまなカスタマイズができるようになっています」
  • 「インストールウィザードが起動したら、デフォルトの選択のまま『次へ』をクリックして進んでください」
  • 「自分で設定する自信がないならばデフォルトのままで使用しても特に問題はない」
  • 「リセットボタンを押すと、デフォルトの設定に戻すことができる」
  • 「この項目はデフォルトで変更できない設定になっている」
  • 「○○国のデフォルト宣言によって、国内外は大混乱に陥った」

 

まとめ

以上、「デフォルト」の意味と使い方についてまとめました。

この言葉は金融・IT用語としての使い方が本来のものといえますが、日常においてさらに広い場面で用いられるようになっています。基本的には定義されている意味で理解して使用するようにしながら、場面によって他の意味と使い分けるようにすると良いかもしれません。

-言葉・単語の意味

Copyright© Kotoログ , 2019 All Rights Reserved.